2020年03月27日

無題こんな英語は多分ないだろうし、ネイティブの人には通じないだろう

先日、私が隣町にあるアーケード付きの商店街を歩いていたとき
私の目の前を歩いていた初老の男性が左手から何かを落とした
「ガチャっ」と割と大きい音がした
茶色いビール瓶のようなもので、初老の男性は瓶を拾い上げ、ラッパ飲みした まだ昼だ
酒瓶に違いない 酔っ払いだ

妙なトラブルになる前に遠くへ行こうと思い、私は男性を追い抜かし、商店街で買い物を済ませた
買い物が終わると小腹が空いたので、チェーン店の食堂に入りカウンターの奥の席に座った
何を食べようかとメニューを見ていたら、私の隣の隣の席に、男性が座った

カウンターに酒瓶をドカッと置きながら着席した
あの酔っ払いだ
私がビール瓶だと思ったのは芋焼酎の瓶だった
焼酎を生で飲んでいたのか

何だよ酔っ払いの隣かよと思いつつ、観察をしてみた
男性は耳にコードなしのイヤホンをして、タブレットを操作している
タブレットの脇には、私が見たことのない電子器具が置かれている
この酔っ払い意外とデジタルだな

しばらくすると、男性のタブレットから大音量でナレーションが聞こえてきた
男性のしているのはタブレットのイヤホンではないようで、大音量がダダ漏れなのに気づいていないようだ(わざとか?耳栓なのか?)
男性が観ていたのは、太平洋戦争のドキュメンタリーらしく、「戦況の悪化に伴い特攻が頻発していた」という男性のナレーションと爆発音

そのうち大音量は聞こえなくなったが、しばらくしてタブレットから男性の歌う歌謡曲が聞こえてきた
鶴田浩二だ
私は男性がタブレットからダダ漏れの大音量に気づいていないのかと思い、注意しようと思ったが、男性が確信犯的に大音量を漏らしており、逆ギレで返り討ちに会う可能性もあるので黙っていた

男性は明らかに私より年上だったが、結構筋肉質な体つきで右指には二つ結構ゴツ目の指輪をしていた
あの指輪をした右手でグーで殴られたら、打ちどころが悪きゃ死ぬな俺


小市民な私はそそくさと食事を終え店を出た
店からだいぶ離れたところで、デジタルドランカーへの罵詈雑言をぶちまけた 一人で


(04:30)

この記事へのコメント

1. Posted by iPAD   2020年03月27日 06:34
君子危うきに近寄らずですね。

コメントする

名前
 
  絵文字