2020年03月28日

imagesPG243LC2私が会社に入って三年目の時

ある資格の取得のため講習会に参加した
講習会は、朝から夕方まで座学 
その後、試験があり合否は後日伝えられるというもの

座学の途中で講師から試験に出るポイントが説明されるので、ちゃんと講義を聞いていれば試験に落ちることはない
聞くところでは、この試験の合格率は9割超とか
自分の名前が書ければ受かると言った人もいた
 
確かに、講習会参加者を見るとなかなかにヤサぐれた感じの人が多かった
サビたような金髪の人
笑うと前歯の少ない人
決して目を合わさない方がよさそうな人

講習会が終わって数日経って私のところに試験事務局から手紙が届いた
まさかの試験不合格
会社の上司に不合格の旨を伝えたが、周囲の人が集まって「え? あの試験に落ちたの? どうやって?」とちょっとした騒ぎになった

悪事をした訳ではない(と思っている)が、私の不合格の話は音よりも早く職場を駆け巡った

でそれからさらにしばらくして、試験事務局から私に電話があった
試験の採点(マークシート)ミスで、不合格判定をしてしまいましたと平謝りだった
上司に「採点ミスだったようです 合格していました」と報告したが、上司からは薄く乾いた微笑しか返ってこなかった


(04:30)

コメントする

名前
 
  絵文字