2020年04月12日

imagesLJ1YS0R2私が大学生の頃

早朝に動き出す用があったのか、終電を逃したからか理由は憶えていないが、深夜にある映画館に入った
上映していたのは、確かソビエト映画だったと思うが、その映画館はオールナイト営業だった
その映画館のことは雑誌で知ったのだが、初めて行く映画館だった

映画館に入場したのは深夜だったと思うが、入場して驚いた
映画館とは言っても、いわゆるミニシアター スクリーンは通常の映画館よりもかなり小さい
私が驚いたのは、観客席が椅子席ではなく、座敷席だったこと
カーペットは敷いてあったかも

観客はそれほど満員ではなく、皆思い思いに靴を脱いで映画を観る体勢を取っている
座敷つまり畳の上で正座している人 体育座りをしている人 片肘をついて寝そべっている人
私は確か、上映時間の途中で寝てしまい、朝方映画館を後にした記憶があるが、どこに誰と出かけたのか記憶にない
ちなみに映画は一人で観た

その映画館があったのは学生街の隅っこだった
何という映画館の名前だったか忘れてしまった 何の映画を観たのかも

座敷に寝そべりながら観る映画も忘れられない思ひ出







(04:30)

この記事へのコメント

4. Posted by Jmcmy   2020年04月12日 11:05
>いご6さま
入場料は千円前後で、目の玉が飛び出るほど高くはなかったです ああいう趣味のミニシアターは、もうないんでしょうね
コメントありがとうございました
3. Posted by jmcmy   2020年04月12日 11:01
>iPadさま
この映画館は、高田馬場にありました 今どきミニシアターが流行るとは思えないので、今は鬼籍入りしているのでは? 確認しようにも映画館の名前憶えていません(泣)
コメントありがとうございました
2. Posted by iPAD   2020年04月12日 06:08
今もあるのでしょうか?時代の産物?
1. Posted by いごっそう612   2020年04月12日 06:03
凄い映画館ですね💦値段は同じなのですか?

コメントする

名前
 
  絵文字