2020年04月23日

無題昨夜見た夢のはなし

登場人物は私の知らない人
と言うか、知っていた人である可能性が高いが記憶に残っていない人

三密状態を避けるべく皆が努力している昨今
私は数人の友人(記憶にない人々)と連れ立って焼肉屋に入った
一通り肉の注文を済ませ、飲み物で喉を潤していた時

私達の座ったテーブルの横に、見知らぬ若い男性が何人かで立ってこちらを眺めている
男性たちの脇には、その焼き肉店の制服を着た女性店員が立っている
その女性が私達に向かって言った
すみません 予約が入っていたのに、間違えてテーブルにご案内してしまいました

どうも、このテーブルは予約席だったのに、間違って予約をしていない私達を通してしまったらしい
私達が注文した後に、予約をしていた男性達が店に現れたということのようだ
店内の他の席はほぼ満席
私達は、席を譲るよう店員に促されている

こんな間違いってあるんだろうか
私は温厚な性格で知られているが、どうも納得がいかない
が、私の連れは仕方ないなぁといった素振りで席を譲ろうとしていた
注文だけ済ませた肉の代金はどうなるんだろうか

夢の中で、あまり細かいことは憶えていない
が、はっきり記憶にあることがある
予約席であるのに間違えて私達をその席に誘導した女性店員
「すいません 席を譲っていただけますか?」と言っているその表情は、半笑いだった



(04:30)

コメントする

名前
 
  絵文字