2020年05月16日

無題The Yellow Monkey「太陽が燃えている」の巻

誰が再開を待っていたという訳ではないが、久々のこのコーナー
何も私がどこぞの飲食店に行って、そこで流れていたBGMで印象に残った曲のことを書くわけではない 

自宅でラジオから流れてきた曲
私がこの曲を聴いたのは、もう何年前のことだろう
The Yellow Monkeyは好きなバンドだが、リアルタイムでファンだったわけではない

リアルタイムから数年遅れてファンになった感じか
初めて彼らのCDを購入したのは「So Young
この時はリアルタイムだった
それから、旧譜やベストアルバムを買い始めて、しばらくしてバンドは解散してしまった
今は再結成されているけど

この曲が入ったアルバム(CD)を買ったのは、私が北国にいた頃
曲は太陽のことを歌っているので印象としてはある程度の熱量を持っているが、私がアルバムを買った時期(早春)の北国ならではの冷気を思い出す
鼻腔から吸い込んだ空気のあの冷たさ





(04:30)

コメントする

名前
 
  絵文字