2020年07月03日

OIP近所にあるスーパーで見かけた

時節柄、笹の木と枝に吊るすための短冊が置いてあった
五色の短冊と言うが、用意されている短冊は白で、子供が短冊に願い事を書いて笹の枝 に吊るすことになっていた

いくつか短冊が吊るしてあった
見ると、やはり健康を願うものが多く飾られていた
無病息災を祈る気持ちは今も昔も変わりなしかと感慨にふけりながら、ある短冊に目が行った
たどたどしい字で書かれた短冊にはこうあった

何かやらかしませんように

たどたどしい字体ではあるが、本当に子どもが書いたのだろうか
子どもって何歳から何歳までなんだろう
書いたのは男の子だろうか女の子だろうか

この子は、いつも「いらんこと」をして親に怒られているんだろう
何を「やらかす」ことを想定しているんだろうか
短冊は親と一緒に吊るしたんだろうか 単独で吊るしたのか

白昼の妄想は続いた






(04:30)

この記事へのコメント

1. Posted by iPAD   2020年07月03日 05:52
還暦を迎えると0歳に戻るとか?

コメントする

名前
 
  絵文字