2020年10月13日

ダウンロード高校一年の時の体育祭の思ひ出

私は、走るのが割と速い方だった
小学生の時は、四年生まではクラス代表でリレーの選手だった
五年生になる時に引っ越したが、そこでは足の速い子が多くリレーの選手にはなれなかった
六年の途中で再び引っ越したが、そこでもリレーの選手にはなれなかった

高校のグラウンドは、直線で100m ラインが引けないくらいで、広くはなかった
リレーは、クラス対抗で全員出場だった
一周たしか200mのコースを100mずつ走るもの
私の出身高校は共学だったが、男女比がいびつで私は1,2年の時は男子クラスだった

1年の時の体育祭なんで、私がいたのは男子クラス
リレーなんかやっても、女子からの声援などあるはずもなく、クラスの皆にヤル気は感じられなかった
が、いざ競技が始まると日頃無駄に有り余っていたエネルギーが爆発し、わが男子クラスは学年で二位で、ワタシにバトンが回ってきた

私もヤル気がない風に走り出したが、先行していた他クラス(たしか男女混合クラス)の、トップを走る選手を抜かした
当然わがクラスの生徒からの野太い声援しか聞こえなかったが、私は気分よく走り続けた
気が付いた時には、次にバトンを渡すべきランナーが見当たらない

その時私は、私の100m先の地点で私のバトンを待っていた次のランナーに気づかず、走り抜けていたのだ
私は、次のランナーを50m位追い越したところでようやく過ちに気が付いた
慌てて、次のランナーのところまでコースを逆走してバトンを渡した

リレー競技の結果、わがクラスは当然トップではなかった
ただし、ドベ(ビリ)でもなかったと思う
トップになれなかったことを私のせいにして罵る級友は一人もいなかった

誰も体育祭に期待などしていなかったんだろう



(04:30)

この記事へのコメント

2. Posted by jmcmy   2020年10月13日 11:33
>iPadさま
確かに、高校生が一人50mしか走らないのは短いですね 一周200mのトラックを2人で走る(100mずつ)ですね
次走のナベちゃんは、バトンを渡すはずの私が颯爽と駆け抜けたのを見て唖然として立ち尽くしていました
コメントありがとうございます
1. Posted by iPAD   2020年10月13日 05:59
高校で一人50mは短いですね。次走の方はどうしていたんだろうか?

コメントする

名前
 
  絵文字