2020年10月26日

OIPだいぶ昔のこと

当時の職場の同僚と、毎週火曜日の昼になると市内の飲食店に出向いていた
一回訪れた店は余程の好印象がない限り再訪せず
口直しにそこそこの出費を強いられることが多く、我々は毎週火曜日の食べ歩きを「チャレンジデー」と自虐的に呼んでいた

ある日の火曜日
国道沿いにある「うなぎ屋」に突撃することとなった
玉砕覚悟で

店内には多くのうなぎ蒲焼のポスターが貼られていたが、どういうわけか県外産のうなぎばかり
うな重を二人とも注文した

出来上がるまで、店内備え付けのマンガでも読んで時間を潰そうと思ったが、その必要はなかった
店のオバちゃん(配膳担当)が、よく喋る
こちらが口を挟む暇も与えず機銃掃射のように喋りまくる
しまいには嫁姑関係についての話題で喋り始めた

私たちも少々疲労感に襲われ始めた頃、助け船のようにうな重が供されてきた
地元産のうなぎではないようだが、まぁいいか
しばらく食して、私と同僚は目を合わせて同じ感想を発した
コメが旨いね

私が当時いた職場のある県の県産米は、あまり美味しくなかった
うな重の感想として、コメが旨いというのは若干失礼かも

ただ、ウナギの味は印象に残っていない

我々はオバちゃんに「コメが旨いっすねぇ
と感想を伝えた
するとオバちゃんはドヤ顔でこう返した
ウチは県産米は使ってないからねぇ

うなぎ屋で、うなぎではなくコメの美味しさを実感した火曜日の昼休みだった

(04:30)

コメントする

名前
 
  絵文字