2021年01月10日

OIPもう20年ほど前のこと

私は、ある北国の新設職場に転勤した
諸般の事情ですぐには住む場所が決まらずしばらくは何か所に分散してホテル暮らしをすることとなった
ホテル暮らしは二、三カ月続いた


赴任した年は数年ぶりの寒波が押し寄せた年
ホテルでは、平日は朝ロビーに何人か集まり、テレビのニュースを観てから、バスに乗って会社に向かっていた
なにしろ寒い年で、ニュースの朝の天気予報では予想最低気温はもちろんマイナス 最高気温もマイナスの日々が続いた    

最低気温はともかく、最高気温もマイナスの土地から来たメンバーはほとんどいなかったので、「また最高気温もマイナスかよ もう春じゃねぇのかよ」と悪態を吐く者もいた

そんな年のある日
たしか三月半ばだったと思う
天気予報の最低気温はやはりマイナス
ただ、最高気温が1℃だったか2℃だったか、とにかくプラス気温だった日があった

テレビの天気予報を観ていたのは10名以下だったが、プラス気温を観た瞬間「ウォー」と野太い歓声が上がった
歓声と同時に拍手も沸き起こったと思う
ちなみに花見(桜)はGW後半だった

(04:30)

コメントする

名前
 
  絵文字