映画のはなし

2017年03月07日

dvdこんなテーマで、芸能人が討論しあう番組をテレビで観た

討論と言っても半分以上はお笑い
一人ずつ、推薦する映画のDVDを紹介し、それを他のゲストがああだこうだ好き放題批評すると

中には、すこし斜に構えた恋愛映画を紹介する人や、ガチのホラー映画を紹介する人、ユル目のホラー映画を紹介する人なんかもいた

自分に、付き合う前の彼女なんか今はいないが、私だったらどうするか(どうしたか)と考える

恐らくというか、間違いなく私は、自分の好きな映画を観るだろう
私はハッピーエンドの恋愛映画に興味がないので、まずこの手の映画は観ないだろう

傾向的には、主人公が死んだり、いなくなったりする映画を好む傾向があるのだが、「付き合う前の彼女」とやらと一緒に観る映画(DVD)にもそういった映画をチョイスするはず

相手がドン引きでも、仕方がない
私が観たい映画はこういう映画なんだから

私と一緒に映画鑑賞を余儀なくされた人にも覚悟してもらいたい

って、誰に向かって私は話しているのか?




(04:30)

2017年02月23日

120320toyookagekijo5前にも拙ブログに書いたのだが、大学時代にわりと近所にあったデパートが今月末で閉鎖される

そのデパートの中には、私が学生の頃は映画館があって、学生時代私は、一人自転車に乗って30分ほどかけてその映画館に行ったものだ

昨日、学生時代の友人が出張でそのデパートの近所に行ったらしく、携帯で閉館セールの写真を送ってきてくれた

そのデパート内にあった映画館は一足先に()しばらく前に閉館となっている
私が学生の頃は、その映画館はどうやって採算を取っているのだろうと不思議に思うほど、名画座的な趣味の映画館という感じがして好きだった

どんな映画を観ていたか 前にも確か書いた気がする(誰も憶えていないか
「ミツバチのささやき」「エル・スール」「未来世紀ブラジル」「ストーカー」等々

私が北九州市小倉で予備校生活を送っていた頃に予備校近くにあった映画館も名画座的な雰囲気で好きだった
「気狂いピエロ」「惑星ソラリス」「ディーヴァ」とか観た

映画が好きな割に、観た映画の本数は少ない私
この映画館に限らず、私が好きでよく通った映画館はことごとく鬼籍に入っている

私に愛された飲食店と同じ運命私に愛された映画館も辿るのだろう

さようなら私の思ひ出



(04:30)

2016年11月17日

2125bc480f2412a8ce8101ee65286db2今日は会社を休む

父の命日だから
急ぎの仕事もないし

本当は三回忌をやるはずだったが、実家の母の体調がよくないので、三回忌はやらないことになった

喪に服すというか、仕事はしない
ブログは書いているが...

少し意味は違うが、「安息日」である
あんそくび

ちなみに写真はアンソニー・クイン
ザンパノである

それだけである


(08:40)

2016年08月30日

th2L5XVLDJ映画館で観たわけではなく、しばらく前にテレビの「市川雷蔵」特集でたまたま観た映画がある

忍びの者、若親分シリーズ、陸軍中野学校シリーズそして眠狂四郎シリーズ
何十本の映画をテレビではあるが観たことか

剣劇だったら、上手い俳優は他にいくらでもいる
だけど観たくなるんだなぁ 市川雷蔵映画

聞いた話になるが、市川雷蔵は私生活を公にすることはなかったそうだ
家族はもちろん、自宅がどこにあるのかも知らせていなかったとか
映画の打ち上げか何かで飲みに出かけても、飲み屋の尾根遺産に「あら、何となく市川雷蔵に似てらっしゃるわね」なんて言われるくらい、オーラも出さなかったとか

俳優さんや歌手なんかのタレントで、よくテレビ番組に出演して「自宅公開」なんて、すぐにしたがる人がいる
自宅を公開するのが楽しいのだろうか(楽しいのだろう)
私はまた、朝から文句ばかり言っているようだが(文句を言っている

さて、市川雷蔵映画の中で、たまたま観た作品
正直に言って、目から鱗が落ちた

私はミュージカル映画の類にははっきり言って興味はない
勝手なイメージだが、ミュージカル映画では、登場人物が唐突に歌い出したり、踊り出したり
何が楽しくて歌うのか 踊るのか

日本映画には、ミュージカル映画はふさわしくないだろうと思っていた
この作品をテレビで観る前は

春狸御殿
市川雷蔵と、若尾文子が、日本の民謡にあわせて歌う 踊る
着物姿だ 天然色映画
若尾文子(う 美しいっ)に至っては正体は人間でない
何か話に脈絡はそれなりにあったと思うが、「そんなの関係ねぇ」というパワーがある

この作品はたしか、日本の監督によってリメイクされたはず
観てないけど

凄い映画があったものだ



(06:26)

2016年08月29日

Blotter_strips今まで私が観てきた映画の中で、「え?この人が出てるの?」と思わせておきながら、「え? いなくなっちゃった(死んだ)の?」と思う人が何人かいる

映画名と俳優名を出すと、予備知識のない人は「へぇ~ こんな人が出ているんだぁ そして死ぬんだぁ」と思うはず

その意味では、ネタバレ注意
尤も、多くの人が拙ブログを読んでいるとは思わないが(泣)

思いつくのは二本の映画
どっちも洋画

「未来世紀ブラジル」 ロバート・デニーロ
 この映画は、大学近くの百貨店の中にあった「趣味の映画館」で偶然観た 近いうちにこの映画館は鬼籍に入
 るが

 何の予備知識もなく観たので、デニーロが出てきたときは驚いた
 格好良く暴れまわる姿を見て、これは主役の影が薄くなるなとぼんやり思い出した頃に、唐突に不可解にデ 
 ニーロは亡くなる

 デニーロは、この作品に出演したことをどう思っているのだろうか
 凄く楽しそうに演じているように見えたのだが

「パフューム」 ダスティン・ホフマン
 この映画は、隣町にあったやはり「趣味の映画館」で観た ちなみにこの映画館も鬼籍入りしている
 もう亡くなったが、イギリスのアラン・リックマンも出ている 
 ダスティン・ホフマンは映画前半でかなり重要な役回りを演じているが、突然に画面から消えてしまう
 何かの記事で読んだのだが、この映画への出演はダスティン・ホフマン自らの希望だったとか

どちらの映画も、私がこれまで観た映画のベスト7には確実にランクインする(映画を観た数は少ないけど)
「未来世紀~」の方は、ネットなんかでは「カルト映画」的な人気があるとされている
「パフューム」の方は、私は「凄い映画」だったと思うのだが、さほど評判はいいものを聞かないように思う

まぁ 私がいいと思った映画はいい映画なのだ(私の中で
 





(04:30)