映画のはなし

2017年06月17日

k13The Smiths「The Headmaster Ritual」の巻

一昨日の会社からの帰路に、Kateから流れてきた曲

思い出すのは大学二年か三年生の時の初夏
大学入学時に、両親からお祝いでステレオを貰った
が、CDプレーヤーは搭載されていなかった

大学入学後にLP駆逐の波が押し寄せ、あっと言う間に市場はCDの天下になった
で、私がCDが聴けるようになるのは社会人になってからだった

The SmithsのLP「Meat is Murder」は、当時まだあった貸しレコード屋(死語)で借りた
テープ(死語)に録音して、しょっちゅう聴いていた
それが季節的には初夏 

爽やかなメロディに乗って歌われるのは、悲惨な現実ばかり 
The Smithsはそういうバンド

私は音楽が好きな割にはCDプレイヤーを購入したのが遅かったりする
代わりにラジオを聴いて新曲をチェックしたり、テレビで音楽ビデオばかり流す番組を観たりしていた
それで、気に入ったアルバム(LP;死語)を貸しレコード屋に借りに行った

大学生ばかり暮らしている町の貸しレコード屋は、趣味人の大学生のニーズを満たすべく、変わったLPを多く置いていた

学生の頃よく聴いていた曲ばかり、Kate(iPod)に入っている



(04:30)

2017年05月08日

file久々に、ケーブルテレビで映画を観た

マカロニウエスタン

日本の時代劇みたいで、勧善懲悪 というか、本当に悪いヤツは死ぬ
悪や卑劣漢でも憎めないヤツは生き残る
私は、ベタで、頭をあまり使わなくて済むような映画が好きなのだ

観たのは、善玉としてイーストウッドが出る映画
悪漢の役者は最後は予定通り昇天するが、上手い役者だった
卑劣漢は、卑劣さがにじみ出てくるようなこれもいい役者だった

三人は、アメリカの南北戦争時代に、屋外の広大な墓地に隠された20万ドルを探す
で、悪漢が死んだ後に、イーストウッドは卑劣漢にシャベルを渡して「掘れ」と命じる
墓堀りである

私が観たのは、マカロニウエスタンの名作と言われる作品だが、素人の私から見ても、「ここはもっと編集で短くしてもいいんじゃね?」と思えるシーンが満載

休日は、頭を使わないですむ映画鑑賞もまたいい



(04:30)

2017年03月07日

dvdこんなテーマで、芸能人が討論しあう番組をテレビで観た

討論と言っても半分以上はお笑い
一人ずつ、推薦する映画のDVDを紹介し、それを他のゲストがああだこうだ好き放題批評すると

中には、すこし斜に構えた恋愛映画を紹介する人や、ガチのホラー映画を紹介する人、ユル目のホラー映画を紹介する人なんかもいた

自分に、付き合う前の彼女なんか今はいないが、私だったらどうするか(どうしたか)と考える

恐らくというか、間違いなく私は、自分の好きな映画を観るだろう
私はハッピーエンドの恋愛映画に興味がないので、まずこの手の映画は観ないだろう

傾向的には、主人公が死んだり、いなくなったりする映画を好む傾向があるのだが、「付き合う前の彼女」とやらと一緒に観る映画(DVD)にもそういった映画をチョイスするはず

相手がドン引きでも、仕方がない
私が観たい映画はこういう映画なんだから

私と一緒に映画鑑賞を余儀なくされた人にも覚悟してもらいたい

って、誰に向かって私は話しているのか?




(04:30)

2017年02月23日

120320toyookagekijo5前にも拙ブログに書いたのだが、大学時代にわりと近所にあったデパートが今月末で閉鎖される

そのデパートの中には、私が学生の頃は映画館があって、学生時代私は、一人自転車に乗って30分ほどかけてその映画館に行ったものだ

昨日、学生時代の友人が出張でそのデパートの近所に行ったらしく、携帯で閉館セールの写真を送ってきてくれた

そのデパート内にあった映画館は一足先に()しばらく前に閉館となっている
私が学生の頃は、その映画館はどうやって採算を取っているのだろうと不思議に思うほど、名画座的な趣味の映画館という感じがして好きだった

どんな映画を観ていたか 前にも確か書いた気がする(誰も憶えていないか
「ミツバチのささやき」「エル・スール」「未来世紀ブラジル」「ストーカー」等々

私が北九州市小倉で予備校生活を送っていた頃に予備校近くにあった映画館も名画座的な雰囲気で好きだった
「気狂いピエロ」「惑星ソラリス」「ディーヴァ」とか観た

映画が好きな割に、観た映画の本数は少ない私
この映画館に限らず、私が好きでよく通った映画館はことごとく鬼籍に入っている

私に愛された飲食店と同じ運命私に愛された映画館も辿るのだろう

さようなら私の思ひ出



(04:30)

2016年11月17日

2125bc480f2412a8ce8101ee65286db2今日は会社を休む

父の命日だから
急ぎの仕事もないし

本当は三回忌をやるはずだったが、実家の母の体調がよくないので、三回忌はやらないことになった

喪に服すというか、仕事はしない
ブログは書いているが...

少し意味は違うが、「安息日」である
あんそくび

ちなみに写真はアンソニー・クイン
ザンパノである

それだけである


(08:40)