本やマンガのはなし

2020年07月06日

OIP先日もブログに書いたが、私は読んだ本のリストを作成している

図書館で借りた本であれ、買った本であれ
昨日、ネットで購入した本が届いたので今日から読み始めた

リストを作り始めたのは今年から
今年になって16冊目の本になる
もう半年が終わったのにまだ16冊

読書スピードの遅い私らしい
今回読み出したのは400ページ弱の単行本
今週中に読み終われるか



(04:30)

2020年06月29日

OIP私は高校時代、とある理由で部活動はせず帰宅部員だった

真っすぐ自宅に戻り、17時からテレビで「トムとジェリー」の再放送、17時半から「ルパン三世」の再放送を観て、19時まで眠る(19時からは夕食)、20時頃からは自室でラジオを聴きながら勉強をしたつもりになり、2時頃に寝るという規則正しい生活を送り、見事現役での大学入学に失敗した

どういう理由だったか、三年生の頃(文化祭の直前)に友人とある文化部に入部した
マンガ研究会
文化祭に向け、マン研では作品集を出す準備をしていた
マンガ研究会に昔からいる人(主流派)は、画力が高かった
私は画力がないのはともかく、スクリーントーンなんて使ったことがなかった

でいよいよ作品集を出そうという時、私と一緒に遅れて入部した友人の二人の作品は、マン研主流派とは明らかに作風が違うということで、作品集の別冊に掲載されることとなった
作品集と言っても製本などせずにコピーだったが
別冊のタイトルは「毒いちご

私はこの「毒いちご」を未だに持っているが、別冊(まま子)扱いされるのも無理がない
主流派の作品集には採用されないのも当然か
っつ~か、人さまに見せられないよ これ





(04:30)

2020年05月17日

無題大型連休中から読み出した本

読書速度の遅い私は、とっくに連休も終わった頃にようやくこの本を読了
この本を是非読んでもらいたい知人に、ほぼ押し売りのような形で郵送した
ご丁寧に、あと一冊文庫本を追加して

速度の遅い読書が終わってしまった
今、別の本をネットで注文中 これは文庫本だが、作者は先日読了した短編集で知ったあの人
早く届かないかな



(04:30)

2020年05月14日

無題先週終わった大型連休

連休中どこへ出かける訳でもなし、時間潰し用としてネットで何冊か本を購入した
うち一冊はマンガで、これはあっという間に読み終わった
もう一冊は、単行本で鉄道に関する短編集
小説だったり紀行文だったり
いろんな作家のいわばコンピレーションというとこ

鉄道に関する文章は好きなので、読書速度の遅い私でも早く読み終わるかなと思ったが、とっくに連休は終わったのに、まだ読み終わっていない
ページ数で言うと全体の5/7位は読み終わった

色んな作家の作品集なので、当然作家の個性が溢れている
ちっとも読み進まないと思う文章 こんな美しい文章を今まで知らなかったことを後悔させる文章
何が書いてあったのか思い出せない文章 この作家の他の作品も読んでみたいと思わせる文章

もう少しで読み終わってしまうのが寂しい気持ちもしてきた



(04:30)

2020年05月06日

無題まだ、鉄道関連の短編集を読んでいる

短編集と言っても400ページ近くあるんで、私の読書速度では連休が終わってもまだ読み終わっていないだろう

一昨日読んだ短編(10ページ未満)の作者は、私と同郷
私の出身高校は、隣の地区にあった高校と合併してもとあった場所から移転した
高校の名前も変わった

私の読んだ作品の作者は、私の出身高校と合併した高校の出身
年齢は私より上の男性で、写真家として有名
私はその人の書いた文章を初めて読んだ

作者が高校の時に印象に残っている男子の同級生を、高校卒業後訪ねて行ったときの思い出
久々に会う同級生は冷淡とも取れる態度で応対するのだが、数年後その時の非礼を詫びる年賀状を作者は同級生から受け取る
手紙を受け取った時は、その同級生は亡くなっていた

で、改めてその同級生の住んでいた町を訪ねるために使用した移動手段が列車
私は、その鉄道の路線に乗ったことはない
文章は淡々として、「悲しい」とか「寂しい」とかいう記述はない
その列車の車窓から見えた風景の描写で短編は終わる

いつか機会があれば(ないか)、その季節にその列車に乗ってみたいと考えた



(04:30)