本やマンガのはなし

2019年08月29日

無題私が中学生の頃から、齢40になるまで毎月欠かさず購入していた音楽雑誌がある

この雑誌は今もある

何故齢40になって購入を止めたのか
別に、その雑誌が嫌いになったとか他の雑誌に乗り換えたという訳ではない
単に、購入するのを失念した月があったというそれだけの理由で、翌月からの購入を止めてしまっただけ

この雑誌、単にアーティストの紹介だけをするのではなく、「音楽評論」を各ライターが投稿するというスタイルだった
妙に小難しい表現をすることをライターが好む傾向があり(私はそう感じた)、中学生の読者にとっては何が書かれているのか理解するのに難儀した
と言うか、理解できていなかった
雑誌の紙質は、言い方が悪いようだが「わら半紙」みたいで、雑誌自体にもちろん写真は掲載されているが、文章の量がやたらと多かった

で、その雑誌のライターの一人で、特に難解(私にとっては)な文章を書く人がいた
ライターの名前は今でも憶えている
ある号で、そのライターによるコラムが掲載されていた
音楽ネタではなかったのだが、どうせまた難解な文章だろうと思って覚悟して読み始めた

コラムの内容は、ハンバーガーの食べ比べ しかも一日
私が中学生の頃なんで、それほどハンバーガーを提供する店は種類が多くないはず
と思ったが、食べ比べの舞台は東京
私の知らないハンバーガーショップも多くあった

何件くらい食べ比べをしたのか忘れたが、文章の後半に近づくにつれて「もう食えん」とか「オェ
~ッ」と言った泣き言に近い表現ばかりになり、最早食べ比べの体を成していなかった
いつも難解な文章ばかり書いている人の意外な一面を見た気がした

その人の書いた音楽評論は何一つ憶えていないが、このハンバーガー食べ比べのコラムは何となくだが憶えている
そのコラムのタイトルは「ハンバーガーを追え~っ」だった


(04:30)

2019年08月18日

images私の昔の職場の同僚で、私が「兄者」と呼んでいた人がいる

なにゆえ「兄者」なのか
その御仁がが年長者だということ、その御仁は何と表現すればいいのか、女性好きなんだが女性の選球眼がよろしくないと言うか、私に言わせると深い慈悲の御心をお持ちとしか思えないので、尊敬の意味を込めて 私には真似できないと

端的に言うと、一緒に車に乗せている女性が、少しもうらやましいとは感じさせなかった
因みに兄者は既婚者で当時は単身赴任者
今も別の職場で単身赴任を謳歌しているはず

この兄者、無類の女好きでもあったが、読書好きでもあった
で、どのような本のジャンルが好きなのかと言えば、性的な本(と表現すればいいのか
兄者は、どこで探して購入してきたのかわからない本を、同僚に「読め」と薦めてくるのがクセだった
先日も兄者が購入した文庫本が一方的に送られてきた
真面目な本だが、タイトルからして私の家族には見せられない

兄者には不思議な点がまだある
あれほどの読書好き(趣味は偏重)なのに、たまに送られてくるメールは誤字脱字だらけ

不思議な御仁である



(04:30)

2019年08月17日

無題子供の頃、私は図鑑を見るのが好きだった

図鑑は子供用のもので、全10冊
項目がアイウエオ順に並べられていた
私が特に好きだったのは第10巻
第10巻の最後の項目は確か「ワレモコウ」だった

私が好きだった項目は「列車
好きだった写真があった
確か北海道のオホーツク海沿いの写真で、バックが海か川の鉄橋を蒸気機関車に牽引された客車が渡っているものだった
九州出身の私は、漠然と当時は行ったことのなかった北海道への憧れを持っていたのかも知れない
蒸気機関車の写真以外にもイラストとか写真があり、私は図鑑第10巻にはこの項目があるということをまず記憶していた

私が今も列車好きなのは、子供の頃眺めていたこの図鑑の影響なのかと思うことがある
この図鑑を見ていた影響で今でも覚えている項目がある
ヨウシュヤマゴボウ
他の項目を覚えていないわけではないが、写真を含めて記憶しているのがこれ


(13:46)

2019年05月07日

ダウンロード令和初のとか、平成最後のとかいろいろイベントに名付けがちだが

私の経験では、そんなものの記憶はすぐに薄れていくはず
私だって、昭和最後に読んだ本とか平成になって最初に購入したCDなんて何も憶えていない

てな訳で、令和になってから最初に読了した本
どうせすぐ忘れるはずだが、ブログに書いておけば記憶には残るかも
って、書いた本人が書いた事実を真っ先に失念するはず

最初に読了したのは、図書館から借りた単行本
読み始めたのは平成だったから、二つの時代を跨いだことになる(大げさ

先日、近所の公園のベンチで優雅に読書でもしようとして老眼鏡を持参するのを忘れたために断念したが、昨日は優雅に読書をすることができた
尾てい骨の痛みは続いており、昨日も気をつけていながら再びベンチに腰を軽くぶつけてしまい、目から火花が散りかけたが、何とか本を読了できた






(04:30)

2019年04月27日

火曜日に購入した単行本を読み終わった

400ページを超える分量だったのだが、読書速度の遅い私にしては早い読了だった
内容が面白かったからだろうかダウンロード

巷は「平成最後の〇〇」と騒いでいるが、ひょっとして読了した本は、私が平成時代に最後に読んだ本になるのだろうか
平成時代に最後に読み終わった単行本になるのか(また平成が終わる前に図書館へ行って、文庫本を借りて読み終わる可能性もある)

私も昭和最後の発行の新聞を持っているはず)が、果してどこに置いてあるのか思い出せない
そんなもんで、数年経って「平成最後に読んだ本って何だっけ?」なんて思い出せないだろう
きっと

(04:30)