思ひ出

2017年03月06日

sign_fork私が大学一年のときに、同じ学部で四年生だった、N先輩のことを突然思い出した

先輩とは、先輩が大学を卒業して以来、会ったことがない

確か先輩の故郷の九州の某自治体の公務員になったはず

先輩とは、母校の学部対抗サッカーリーグで、先輩と私の出身学部チームで一緒だった
先輩は、つボイノリオ師匠に外見がそっくりで、痩身しかも長身だった
長身で、いつも九州訛り丸出しで私の苗字を読んでパスを求めてくるのだが、長身で目立っていたので、私もパスが出しやすかった 
先輩のポジションはフォワード


私が一年生の頃、学部対抗サッカーリーグでわが学部は優勝
祝勝会の席で、先輩と同じ席になりビールを飲んだのだが、注文した「厚揚げ」の表面のトッピングのかつお節が、熱でユラユラ揺れているのを見て、二人で死ぬほど笑い転げた
当時は私も酒が弱かったし、先輩もそれほど酒に強くなかった

笑い上戸である

その宴会の席で、先輩から「いやぁ 彼女と別れることになったんよ」と聞かされた
無遠慮にも私は、「何か理由があったんですか?」と先輩に尋ねた

先輩は私の無礼な質問に回答してくれた
「あんなぁ 性の不一致やね

「性格の不一致」とかいうよくわからない理由ではない
九州男児らしく正々堂々と「性の不一致」である 
もっとよくわからない理由かも
何がどう不一致なんだろうか

私は、「前の彼女と別れた理由」を問われたこともないし、「前の彼女」がいたという事実もない(嘘)なのだが、「性の不一致」という別れの理由はいつか使ってみたいと思っている

N先輩 お元気ですか? 久しぶりに「厚揚げ」をつまみに一献やりたいですね




(04:30)

2017年03月03日

403昨日は、昔の職場の同僚のお子さんが高校を卒業した日

単純に「おめでとう」

この同僚とは、以前の職場で家族ぐるみの付き合いをしたことがある

来月からはこの同僚のお子さんは、拙宅近くの学校に通うことになる

私もそうだったが、一人暮らしの学生は何かと食生活が貧しい
ウチも大したことは言えないが、いつでも遊びに来るといい

おめでとう


(04:30)

2017年02月26日

4f2fc144b3c93d3a5cd7524b057467c7高校の時、私服で着ていたジャンパーは、肩の部分にショルダーストラップと言うのだろうか、「飾り」がついていた

別に、その飾りが好きで買ってもらったジャンパーではなかったんだが
ジャンパーの色はエンジ色 これも実はあまり好きではなかった
他に着るものがなかったんで、着ていただけ

高校の同じクラス(共学校の男子クラス それも2年目)にいたS君は、番長というわけではなかったのだが、クラスの中心人物だった
そのS君と、どういう状況だったのか休日に会ったことがある
私は、そのエンジ色のショルダーストラップ付のジャンパーを着ていた

S君は、私のジャンパーの肩の部分を見てこう言った
あ、隊長やぁ
別にそのジャンパーがミリタリー調だった訳ではないと思うのだが、しばらく私は「隊長」とS君に呼ばれることになる

ところで、ジャンパー―とブルゾンって、どう違うんだろうか



(04:30)

2017年02月23日

120320toyookagekijo5前にも拙ブログに書いたのだが、大学時代にわりと近所にあったデパートが今月末で閉鎖される

そのデパートの中には、私が学生の頃は映画館があって、学生時代私は、一人自転車に乗って30分ほどかけてその映画館に行ったものだ

昨日、学生時代の友人が出張でそのデパートの近所に行ったらしく、携帯で閉館セールの写真を送ってきてくれた

そのデパート内にあった映画館は一足先に()しばらく前に閉館となっている
私が学生の頃は、その映画館はどうやって採算を取っているのだろうと不思議に思うほど、名画座的な趣味の映画館という感じがして好きだった

どんな映画を観ていたか 前にも確か書いた気がする(誰も憶えていないか
「ミツバチのささやき」「エル・スール」「未来世紀ブラジル」「ストーカー」等々

私が北九州市小倉で予備校生活を送っていた頃に予備校近くにあった映画館も名画座的な雰囲気で好きだった
「気狂いピエロ」「惑星ソラリス」「ディーヴァ」とか観た

映画が好きな割に、観た映画の本数は少ない私
この映画館に限らず、私が好きでよく通った映画館はことごとく鬼籍に入っている

私に愛された飲食店と同じ運命私に愛された映画館も辿るのだろう

さようなら私の思ひ出



(04:30)

2017年02月21日

IUpnagYI_400x400椎名林檎「真夜中は純潔」の巻

この曲を聴くと、もう15年ほど前に暮らしていた土地のことを思い出す
季節は四月くらいなんだが、その土地は日本でも割と緯度の高いところにあったので、まだ肌寒くて鼻から空気を吸い込むと、空気の冷たさでむせったりした

この曲がリリースされたのもその頃だったと思う

その土地に引っ越す前に林檎姫のデビュー・アルバムを聴いて、陳腐な言葉となるが「ブッ飛んだ」記憶がある
当時はKate(iPod)が世に出ていなかったので、通勤時にはCDウォー〇マンで姫のCDをヘヴィ・ローテーションで聴いていた

やがてセカンドアルバムが世に出る
最初に聴いた印象は、「ちょっとプロデュースというかアレンジのし過ぎかな?」と思ったが、すぐにのめりこんだ
罪と罰」でギターを弾いているベンジーの爆音ギターが素敵だが、それに少しも負けていない林檎姫のヴォーカルも素敵

3rdアルバムが出る前に、たしかこのCDが出たと記憶している
で、この曲を聴くと思い出すのは昔住んでいた土地なんだが、思い出す人もいたりする

その人は女性で、家族とは別の人だったりするから、このことはあまり他人には話していなかったりする
そんなことブログに書いていいのか?と思う向きもあろうが、それほど(まったく)影響力の大きなブログではないので安心であるん?


(04:30)