食べもののはなし

2019年12月21日

無題これまた私の大学時代の食べ物の思ひ出

私が大学四年の頃
私はある研究室に配属になり、研究漬けの日々だった(嘘)
大体平日18時過ぎになると、他の研究室にいた友人から「飯行こうぜ」と電話がかかってきた
携帯電話のなかった当時
電話は研究室にある学内内線電話でかかってきた

当時からクルマの運転が嫌いだった私
決まって、電話での誘い主の運転で、誘い主がよく行く店に出かけた
その店は、公共交通機関の少ない状況で大学からクルマで30分弱のところにある定食屋

店は一人のお婆さんが切り盛りしていた
店には当然メニューがあるのだが、学生が集中して来店しがちな18時過ぎは、「唐揚定食」以外の注文をすることはご法度となっていた

私もその店に行くときは唐揚定食以外の注文をしたことがない

疑惑の主は私の友人
忙しい時でも、友人の「唐揚定食」以外の注文は通ることが多かった
唐揚定食には小ぶりな鶏の唐揚が15個供されるのが普通だった
が、友人が注文した唐揚定食は唐揚が16個供されているという噂が立った
「私の友人と、その定食屋の婆さんはいい仲なんではないか?」
という黒い噂が私のいた学部内を局所的に駆け巡った

友人は当時20代 婆さんの歳は知らないが婆さんは婆さん
友人は今は結婚しており高校生の子供がいる もう大学生か
その疑惑の定食屋も今はないそうだ 婆さんも鬼籍に入ったとか
合掌




(04:30)

2019年12月20日

images大学一年生の頃

私は大学の寮にいた
アルバイトはしていたが、接客の仕事がそれほど好きではなかったので、サークル活動が忙しいことを理由に(週四日練習あり)して、あまり熱心なバイト生ではなかった
ちなみに、アルバイトは焼き鳥屋でしていた

収入は、ほぼ仕送り中心だったので、バイト代もさほど期待できず、想像通り慢性的な金欠だった
ただ、後輩の某氏のように、学生寮で友人と鍋パーティーをしていて具材を追加したのはいいが、それが学生寮の裏に生えていた怪しげなキノコで、具材追加後まもなくしてパーティー参加数名が昏睡状態で発見されたというほどの武勇伝はない

寮の私の部屋にはワンドアの小型冷蔵庫があった
私は寮ではたまに自炊をしていたが、仕送りが入る直前などは、冷蔵庫は空なことがほとんど
当時は酒もあまり飲まなかった(飲みたくはあった)

ある時(仕送り直前)あまりに空腹だが外食をする金もないので、冷蔵庫にあるもので飢えを凌ごうと思い冷蔵庫を開いた
がいくつかあった
これはラッキーと思い手に取ったが、取り出して手にするだけで「ピチャピチャ」と音がする
いつ買った卵だったっけ
熱を通せば食べられるかとも思ったが、諦めた

次に見つけたのはキュウリ
これもいつ買ったんだか
冷蔵庫から取り出してキュウリを手にして立ててみたが、次の瞬間キュウリはぐにゃりと曲がって崩れ落ちた
火を通したところで、とても食べられそうにない

冷蔵庫には非情にも他になにもない
その日はどうしたんだっけ 水道水でも大量に摂取して腹を膨らませ寝たような気がする



(04:30)

2019年12月18日

無題ウチの近所にある韓国料理店のことを先日書いた

まだ開店して一年経たないが、住宅街の真ん中に突然現れ、先週その店の前を通りかかったときは、ランチタイム少し前だったが、シャッターが下ろされており店の名前すらどこにも書かれていなかった
疫病神」との異名をもち、閉店しそうな(閉店した)店の情報を得る特殊能力を備えた私は、「この店とんだ(閉店した)かもな」という疑念を抱いた
先日シャッターが下りていたのを確認したのは、平日のランチタイム少し前だったので、粘着質な性格の私は、改めて平日のランチタイムを狙ってその店の前に行ってみた

閉店ガラガラ
シャッターは閉ざされていた 相変わらず閉店を告げる貼り紙はないが、店名を知らせる看板もどこにもない 単に定休日なのかも知れないが、それを知らせる貼り紙もない
確か二か月前にこの店の前を通ったときは元気にかどうか営業中だった
二か月足らずの間に、この店に何かあったのだろうか
120%以上興味本位だが、気になって眠れそうもない



(04:30)

2019年12月15日

images最近、近所で閉店した店(飲食店が多い)または閉店しそうな店の情報を収集していない(人は情報収取のことをパトロールと呼ぶ

先日は別の用があって外出したのだが、急遽閉店パトロールも兼ねることとした
外出したのは11時前だったので、まだ開店していなかった可能性があるが、近所に今年のGW開けくらいに開店した韓国料理店の前を通りかかり気付いた
店のシャッターは閉ざされていた
閉店を告げる貼り紙は見当たらなかったが、そもそもシャッターにもどこにも店名が掲げられていない

もともとこの店の周囲は住宅街で、昼休みに食事のため店を訪れる勤め人は少ない(と思う
なにか勝算があったので開店したんだろうが、何だろうか 味に自信ありだったのか
この店の前は、この場所にはラーメン店があったが、客がいるのをほとんど見たことがない
私は、この韓国料理店にも前のラーメン店にも行ったことがない

単に開店前でシャッターが下りていたのか もう黄泉の世界に旅立ったのか
単なる興味本位だが、久々に気になることができた

今度はお昼時にでもパトロールしてみよう


(04:30)

2019年12月10日

無題私が学生の頃にアルバイトをしていた串焼き屋の店長は、バイト生(全員が大学生)をよく食事に連れて行ってくれた

ある時はフランス料理屋、ある時は日本料理屋
支払いはすべて店長持ちだったが、バイト生の数は結構多く、結構大変だったと思う
店長はよく「いやぁ これでバイトの諸君のレジミス(店が損をしている)がもっと少なければ、もっと頻繁に諸君を食事に連れて行けるんだけどなぁ」と大きな声で独り言を言っていた
レジミスの多かった私は、「すいません」とうなだれるのみだった

ある日、串焼き屋の近くに「ちゃんこ料理店」が新規に開店し、店長がバイト生をそのちゃんこ料理店に招待してくれた
店長は、料理の味をバイト生に味あわせてやりたいと思ってもいたんだと思うが、その店の接客態度なんかもよく見ておいてもらいたいと考えていたんだと思う

そのちゃんこ料理店の店主は、元相撲取りだった
店に入り、バイト生はテーブル席に陣取りちゃんこ鍋をガツガツ食べていた
ウチの店長は確かカウンター席で、ちゃんこ料理店の店主と何やら話し込んでいた
ちゃんこ鍋の味は少しも記憶していないが、味以外に記憶に残っていることがある

テーブル席のバイト生だったと思うが、何か追加注文をしようと「すいませぇん」と声をあげた
そのちゃんこ料理店の店員で、その「すいませぇん」に気づいたのは店主のみ
で、店主はウチの店長との会話を中断して、厨房に向かって叫んだ

おぉい お客さんが何か言ってるぞぉ
次の瞬間、カウンターに座っていたウチの店長がテーブル席の我らバイト生に向かってこう言った
ダメだこりゃ

ちなみに現在は、そのちゃんこ料理店はない
私のバイトしていた串焼き屋は、クルマで30分くらいのところに移転したが、元気に営業中
店長 お元気だろうか



(04:30)