食べもののはなし

2018年08月09日

ダウンロード私の勤めている会社近くにあった飲食店が、先月だったと思うが鬼籍に入ってしまい、店の周囲が白い壁に覆われていて、壁の向こう側では改装工事が進んでいる様子なことは、既に書いた

先週だったか、白い壁に何箇所か貼られていた貼り紙が撤去されたことも書いた
私の経験では(この店を含め、周囲で鬼籍に入った店を幾つも見てきた)そろそろ新しく開店する店の名前と開店日などの告知チラシが貼られる頃だと思っていた

が、昨日時点では、白い壁には何も貼られていない
相当大規模な改修工事なんだろうか
壁の向こうでは何が起こっているんだろう


(04:30)

2018年08月02日

ダウンロード私の会社最寄駅近辺にあった飲食店が、惜しまれつつなのかどうか、先月(だったか)鬼籍に入ったことは前に書いた

その店の周囲は、全体を白い壁に覆われており、壁の内部で改装工事が進んでいるようだ
壁には、その店周辺の飲食店街のサマーキャンペーンの告知チラシが何枚か貼ってあったのだが、昨日はすっかり撤去されていた

経験からすると、そろそろ再オープンの日にちと、どんな飲食店ができるのかお知らせするチラシが壁に貼られるはず
もういくつもの店が、鬼籍に入っては、新しい店が開店してきたのを見てきた

今度は何料理の店だろう
できたら、ビール一杯を250円くらいで提供してくれるようなナイスな店だといいな

(04:30)

2018年08月01日

images昨日の会社帰り、会社最寄駅近くの飲食店におびき寄せられた

そう、ビールを一杯290円で供する店に一人で

この店にはモニターがあって、海外の某アイドルバンドのライブ映像をいつも流している
昨日もそう
店員には、そのバンドのファンがいるという気配は微塵も感じられない

かく言う私も、そのバンドのファンではまるでない

ファンでもないそのバンドのライブを観ながら、私はビールを三杯も飲んでいた
暑い日だった 昨日も

(04:30)

2018年07月22日

ダウンロード昨日昼は、久しぶりに自宅近所にある、インド・ネパール料理店に行った

この店の前をいつも通勤の帰路に通るのだが、いつ覗いてもあまり客がいない
何度か行ったことがあり、味はいいと思うのだが
この店の周囲は住宅街なので、夜は外食をしたいという人が多くないのだろうか

私が何度か行ったことのある店で、しばらく行かないうちに、鬼籍に入ってしまうというパターンを辿る飲食店が結構多い
今回、思いついて訪問したのには、こんな理由も少しあった
本当は隣町まで出かけようと思ったが、あまりに暑いので近所の店に替えたのも事実

さて、店の中にあるテーブル席は何と全て満席だった
私は一人だったので、カウンターへ座った
そうか 昼時にはお客さんが一杯なんだ  よかったよかった

妙に安心して、食事を済ませ、私は店を後にした

(10:57)

2018年06月22日

images会社帰りに、近所の中華料理店の前を通りかかった

そう頻繁に通っているわけではないが、感じのよい夫婦が経営していて、味もいい(と思う)そして安い
数年前に、昼を食べに一人で行ったが、どうやらその店に定期券を落としたらしかった
店を出てすぐに、定期券がないことに気が付き、確認のためにその店に行ってみた

決して広くはない店内の隅っこから、私の顔を見るや奥さんが走り寄ってきた
手には私の落とした定期券を握っている
「落としモノですよ よかったぁ」と嬉しそうにしている

その店の前を通りかかった時に、店のシャッターが下りていて、貼り紙があるのに気が付きイヤな予感がした
都市伝説が脳裏をよぎる
私が愛した飲食店は、早晩鬼籍に入る

緊張しながら貼り紙を見た
経営者夫婦は日本人ではない
一生懸命書いたのだろう、本日は都合により休業しますという文字が躍っていた
が、文字の汚い私の字よりも読みやすい

そう言えば、この店は私が引っ越してきてから三代目の経営者
私の知らないうちに、彼岸に旅立ったりしないでね

(04:30)