食べもののはなし

2020年10月26日

OIPだいぶ昔のこと

当時の職場の同僚と、毎週火曜日の昼になると市内の飲食店に出向いていた
一回訪れた店は余程の好印象がない限り再訪せず
口直しにそこそこの出費を強いられることが多く、我々は毎週火曜日の食べ歩きを「チャレンジデー」と自虐的に呼んでいた

ある日の火曜日
国道沿いにある「うなぎ屋」に突撃することとなった
玉砕覚悟で

店内には多くのうなぎ蒲焼のポスターが貼られていたが、どういうわけか県外産のうなぎばかり
うな重を二人とも注文した

出来上がるまで、店内備え付けのマンガでも読んで時間を潰そうと思ったが、その必要はなかった
店のオバちゃん(配膳担当)が、よく喋る
こちらが口を挟む暇も与えず機銃掃射のように喋りまくる
しまいには嫁姑関係についての話題で喋り始めた

私たちも少々疲労感に襲われ始めた頃、助け船のようにうな重が供されてきた
地元産のうなぎではないようだが、まぁいいか
しばらく食して、私と同僚は目を合わせて同じ感想を発した
コメが旨いね

私が当時いた職場のある県の県産米は、あまり美味しくなかった
うな重の感想として、コメが旨いというのは若干失礼かも

ただ、ウナギの味は印象に残っていない

我々はオバちゃんに「コメが旨いっすねぇ
と感想を伝えた
するとオバちゃんはドヤ顔でこう返した
ウチは県産米は使ってないからねぇ

うなぎ屋で、うなぎではなくコメの美味しさを実感した火曜日の昼休みだった

(04:30)

2020年09月28日

ダウンロード珍しく外出した

外出と言っても地元の駅前の商店街
時間調整のため、駅前の噴水脇のベンチに腰かけていた

私の目の前には噴水があり、その縁に3mくらい離れて男女が座っていた
二人はカップルでも何でもないが、脇に置いた大きめの黒いリュックに会社名が書かれていた
今流行しているのか、食品の宅配というか出前の大手

二人はそれぞれが同じ会社の社員(配達員)だということに気づいていない
配達が終わって一休みというところか
私は食品の出前サービスを利用したことがないが、巷では流行っているようだ

時間調整が終わり、私は歩き出して数分でラーメン屋が新規開店したのを見つけた
ここは以前は家系ラーメン店だった
私は何度か行ったことがある

今度は札幌ラーメン店になっていた
私は同じチェーン店の別の店に行ったことがある
久々のパトロールで、早速物故者と新規開店を発見した
私の嗅覚は衰えていないようだ(何の?

(04:30)

2020年08月17日

OIP私が子供の頃、夏なんかに台所を捜索すると、不思議なことに瓶入りの炭酸飲料が見つかった

透明なレモン味のやつ
既に瓶での生産中止が決まったものもある
炭酸飲料が見つかった時は、それが冷蔵庫で冷やされていなくても、栓抜きで栓を開けて飲んだ
当時は婆ちゃんと一緒に住んでいたが、コメと一緒に炭酸飲料も配達してもらっていたんだろう

当時は瓶入りの炭酸飲料はよくあった
炭酸飲料の瓶の底の側面に、〇や◇や△の刻印があった
何か意味があったんだろうが、あれは炭酸濃度をあらわしているんだと聞いたことがあった
〇は甘口 ◇は辛口らしい


炭酸濃度が辛口ほど高いらしいのだが、じゃ△は何だろうか
甘辛だろうか

そもそも一本ずつ炭酸濃度を変える手間をかけることがあるんだろうか
と、今となればツッコミもできるんだが、当時は「あ、◇の瓶や クゥーッ やっぱ辛口に限るねぇ」などと暗い悦びにひたりつつ一人で炭酸飲料を瓶でラッパ飲みしていた




(04:30)

2020年08月16日

OIP拙ブログの投稿ネタ枯れ傾向に変わりはない

現時点での、拙ブログ開設以来の来訪者数の合計の数字を無理矢理日本語読みすると「石ザクロ」となる

もう何年もザクロを食したことはない
あれって夏の食べ物なんだろうか 旬なんて今時ないんだろうか

どうしてもザクロが食べたいという欲求に駆られたことはないが、あの酸っぱさは好きだ
目の前にザクロが供されたら恐らく完食するだろう

それが石でできたザクロだったら食べないだろう

(04:30)

2020年08月12日

OIP昨日、テレビを観ていたら司会の男性が言っていた
エアコンの効いた室内にいたんだが、ふと換気が必要と思い窓を開けた 瞬間のつもりだったが、外気の熱波が心太のように室内に入ってきた」と

上手いこと言うなぁと思って聞いていたが、この発言を聞いた気象予報士が切り返した
心太なら生暖かいくらいでしょうがねぇ

上手い切り返し
事前の打ち合わせがあったんだろうか(多分あったはず

もともと私は、心太がそれほど好きではない
が、酢で酸味を加えた心太が食べてみたくなった
あ、もちろん冷たく冷えたやつ 熱波並みに暑い心太はイヤだ




(04:30)