食べもののはなし

2020年03月16日

無題もう15年程前の話

私は、当時の職場の同僚と、別会社の知り合いとでキャンプに出かけた
お父さんが3人、子供(小学生とそれ未満)が7人
キャンプと言っても、テントを張って宿泊する本格的なものではなく、野外(キャンプ場)で調理をする日帰りのもの

別会社の知り合いは、「キャンプ調理奉行」のような存在
とにかく形から入るタイプの人で、珍しい調理用具を持ってきて、得意気に料理をする
格好はいつもテンガロンハット(キャンプの時はいつもそう)
私と職場の同僚は、この奉行の共通の知人だったが、野外調理の時はいつもこの奉行が一人で何でもやってくれるので、楽だった

キャンプは、4月ぐらいだったか
奉行からメールが届き「俺が食材調達するけど、メインは山菜の天ぷらでいい?」と相談された
好き嫌いの確認だったが、問題なしですと返答した

いざキャンプが始まったところ、用意されていたのは夥しい量の山菜
「どうしたんですか?この山菜」と奉行(先輩)に尋ねると、奉行の勤務していた会社の裏山へ行って、クマに出会わないように注意して採集してきたらしい
ちなみに、業務時間中である

業務時間中に山菜を採っていてクマに遭遇して襲われてケガをしたとしたら、労災は適用となるんだろうか(ケガで済むか?)
あの奉行のこと、絶対に労災を認めさせそうだ

絶好の野外調理日和の中 山菜天ぷら三昧が始まった
タラの芽とか、ワラビやゼンマイ、コシアブラなど
山菜天ぷら三昧と言うのか、山菜地獄なのか

コシアブラの天ぷらなんか、本当においしかった

この奉行
もう10年以上お会いしていないが、お元気だろうか
毎年山菜の時期になると思い出す



(04:30)

2020年03月13日

無題久しぶりに、近所(歩くとちと遠いか)にある「食堂ふたり」へ行った

「食堂ふたり」と勝手に名付けたのは私で、ちゃんとした本当の店名はある
厨房に立つ、すこし耳の遠い不愛想なおじいさんと、配膳と会計担当の喋り好きなおばあさんの夫婦二人でやっている
この店では、民放某チャンネルが好きなのか、私が店に行くと昼過ぎは決まって店内テレビで某チャンネルのニュースバラエティ番組をやっている

この手の番組は大体司会者がコメンテーターに意見を求めるのだが、コメンテーターも自分の知らないことであれば黙っていればいいものを、庶民の意見の代弁者を気取って当り障りのない、どうかすれば辛口と取れるコメントをする
コメントするのは勝手だが、自分が責任を取る必要のない立ち位置にいることを確認した上での言いたい放題コメントな場合が多いので、私は好きではない

で、「食堂ふたり」の場合だが、テレビの司会者とコメンテーターのやり取りを聞いたおばあさんが、食事中の私にコメントを求めてくるのだ
この日のテーマは某国の保険制度について
一例として、ケガをしたため救急車を呼んだものの、クレジットカードがないために救急車に利用を拒否されたという某国の事例が番組で紹介されていた

それを見ていたおばあさんが私に「まぁ 救急車が有料なんですって どう思います?」と私に聞いてくる
こっちは食事中なんだ 放っといてくれと思ったが、人のいい私は「某国も大変ですねぇ」と極めてどうでもいい返事をするのが精いっぱい

どうやら私が供された中華丼を食べ終わる頃に、店の昼の営業時間が終わったようで、厨房のおじいさんが私服に着替えてどこかに出かけようとした
おばあさんは、対おじいさんについては結構罵詈雑言を浴びせる
客が店内にいようがいまいが

この日も、おじいさんはどこぞの病院に出かける雰囲気だったが、その姿を見たお婆さんの連射が炸裂した
まぁ そんな汚らしいマスク姿で出かけるの? 新しいマスクと交換して下さいよ
おじいさんは「また始まった」ってな感じで、慈悲深く頷いている
半年ぶりの「食堂ふたり」

変わらぬ味と姿に、何となく安心した
私の知らない間に、鬼籍入りしないでね



(04:30)

2020年03月09日

無題私は、毎朝コーヒーを飲んでいる

平日も休日も
それがどうしたという向きもあろうが、飲んでいるのはインスタントコーヒーではなくドリップコーヒー
平日は、近所のスーパーで買ったコーヒー豆を挽いたものをドリップして飲んでいる
土日は、別の店で購入したコーヒー豆を自分で挽いて飲んでいる

味にこだわりがない訳ではないが、目の玉が飛び出るほど高価なコーヒー豆を使ってはいない
私は微妙な味を判断できる繊細な舌を持っていないので、はっきりした味が好き
端的に言うと、「酸っぱい」コーヒーが好き

土日は、酸っぱい味のコーヒー豆を挽いて飲んでいるが、根がケチなだけに挽いた粉に対して入れる湯の量が多すぎなんだろう、酸っぱさをあまり感じることなくコーヒーを飲んでいる     
  
だから何だと騒がないでもらいたい
ブログのネタ枯れである         


(04:30)

2020年02月29日

images大学一年の時に宿舎祭(寮祭)で、ウチのクラスで焼うどんの出店を出したことは何度か書いた

私の出た大学は二年次終了まで、週一回はクラスルームがあり、クラスで行動することが多かった
私の学部には全部で6クラスあって、私は5クラスだった(組とは呼ばず「クラス」と呼んでいた)
各クラスには個性があり、ギャンブラークラス、ブルジョアクラス、プロレタリアートクラス等あったが、私のクラスは「変態クラス」と呼ばれていた

隣のクラスの女子は、わがクラスの男子(私をもちろん含む)が学食の建物の隣の芝生で食事をしている姿を見て「何て爽やかな青年たちなの コ〇・コーラのCMみたい」と称していたが、これは超レアケースであり、わがクラスの男子(私をもちろん含む)の精神世界の深淵を知らないから

で、宿舎祭で供していた「焼うどん
当初は、わがクラスの東日本出身者の意見に従い醤油味で供していた
が、「焼うどん」を購入したお客さんから「不味い」と苦情が頻発したのをきっかけに、途中からソース味に変更した
西日本出身の私に言わせれば、焼うどんに醤油味というのは考えられない選択肢だったが、「それ見てみぃ やっぱソースやろ」と得意気になって、炒めたうどんと肉野菜にソースをドバドバと投下し出した

ソース投入係は、主に私とH(東日本出身男性;変態)だった
単にソースを投下するだけでなく即興の寸劇を交えた
「ママぁ もう我慢できないよぉ 出ちゃうよぉ」(私:子役)
「もうすぐトイレに着くからね もうちょっとよ」(H:母親役)
「あ ママぁ? ママぁ?」(私:遠い目をしながら)
次の瞬間ソースの容器から「プリプリィ」と叫びつつ、私とHは茶色いソースを焼うどんに投下する

ほとんど私とHの内輪受けの世界だった
と、ウチのクラスに数人しかいない女性が私とHに文句を付けてきた
何このクラス 変態ばかりじゃん 私こんなクラス嫌ぁ

変態とは何か
色々な解釈があるだろう 私なりの解釈もある
変態Hは、現在某大学の教授をしている

よく考えると、ソース投入係は私だけだったかも知れない
と言うことは、わがクラスの変態₌私?
いやいや Hもどこに出しても恥ずかしい変態だったと思うがなぁ





(04:30)

2020年02月07日

無題いや寒い

冬なんだから当たり前だろうという向きもあろう
全くその通り テレビでは「いやぁ寒い 今夜はおでんだね」なんて街頭インタビューをやっている

おでん
私は福岡出身なんだが、今住んでいる関東地方では、福岡のおでんと異なる風習がある
ちくわぶ」 これは私も気が付かなかったのだが、福岡のおでんには「ちくわぶ」はないらしい
福岡にいた頃は自炊してなかったので、知らなかった
すじ」牛筋は関東のおでんにはないことは知っていた 学生の頃から
でもスーパーでよく探せば「すじ」があることも知っていた
我が家のおでんには、すじが入っているのが普通なのは、私のお陰だ

あと「厚揚げ」のことを「おでん」というのだと信じ込んでいたのは、私だけ



(04:30)