食べもののはなし

2017年10月20日

71b1da0245279dbd01f61d3eec27f02eもう15年近く前の話

当時の職場の同僚と私で、毎週火曜日昼休みに「チャレンジデー」というのを誰にも頼まれていないのに、実施していた

当時の職場のあった町なかにある、一見では「身なりの貧しそう」な飲食店をわざわざ選んで、突撃するという無謀な企画だった

その町には私は四年近く住んでいたのだが、チャレンジデーで訪問した店は百軒近くになった
ちなみにそのうち四割近い店が、既に鬼籍に入っている

先日、チャレンジデーで毎週火曜日に私と玉砕を繰り返した同僚と久々に会った
玉砕した次の週にはまた生き返り、再び玉砕するのだ

やはりチャレンジデーのことが思い出に上がった
若さ故のチャレンジでしたのぅ」「大体酷い目に遭いましたなぁ(遠い目)」

果たして、チャレンジデーでいくらほど散財したのか話題になった
行ったのが百軒 一軒あたり千円の出費(口直しの甘味の購入費を含む)としても十万円近く散財したことになる

若さ故とはよく言ったもの
実は、チャレンジデーでの飲食店の訪問リストと味の寸評は、電子データに残してある
が、高い確率で営業妨害となるので、門外不出
私は、自宅のパソコンで、その汗と涙のリストを見ながら思うことがある
「やっぱこのリストは外には出せないわ」 
 


(04:30)

2017年10月19日

3434私は、一人で飲食店に行くことが多い
食事をするときでも、飲みに行くときでも、言い方は悪いが、「身なりの貧しそうな」店を選んで出かける傾向がある

身なりが貧しいと言うのは、言い方を変えると「商売っ気が感じられない」と
お客さんに多数来てもらいたいと思ってはいるのだろうが、店の佇まいにそれが感じられないような店
端的に言うと、ガツガツしていないような店

商売っ気が感じられないと言うのは、ヤル気が感じられないとも言うことができるかも
提供される食事なんかが美味しくないと感じることが多くある
もちろん、いい意味で期待を裏切られ、驚く程美味しい食事にありつくこともある たまに
たまにである

大多数の場合、そういう身なりの貧しい店を選んで出かけ、「やっぱりか」と一人でカウンターでうなだれている
昨日、出張のついでに行ってみた店もそう

駅前の一等地にあるのだが、入り口の扉からは中が見えず、意を決して入店したものの、入店数秒で自分の失敗に気が付いた
大体、「ご用の時は、ボタンを押してお知らせください」というシステムの店でガッカリすることが多い
昨日の店も、老夫婦二人で切り盛りしていたが、二人とも厨房にこもりっきりで、客の様子を見ている素振りはなかった
注文しそうだとか、そろそろお会計かもという雰囲気は、防犯カメラで監視しているのだろうか 厨房にあるのか

昨日の店も、食事が不味いということはなかったのだが、注文したものが供されるまでやたら時間がかかったりで、印象が悪かった

私が自ら選択している感のある艱難辛苦の道
まだ続きそうだ


(06:14)

2017年09月16日

11017009347私は猫舌ではないと思っている

極端に熱いモノが好きではないけど、極端に食べるのが苦手ということもない

ただし、例えば熱々のラーメンで、スープが丼の淵までヒタヒタに入ったものを供されたとき
しかも、それがラーメン店のカウンターのテーブル上に供されるのならまだしも、カウンターとキッチンを隔てている台の上に供され、自分でカウンターのテーブルまで数10センチ丼を持って移動しなければならない場合に困ってしまう

なぜか

私は熱いモノを触るのが苦手だから
苦労をさほどせずに育ったからか、指の皮膚が薄いのかもしれない
表面張力が張るほどに茶碗に注がれた味噌汁が自宅で供されることもある
私にどうしろと言うのか 茶碗を動かすことができない 熱くて

飲み会の席などで、熱い丼物とか麺類が供された時に、器を少し触ってすぐに手を引っ込め「俺、猫ゆびだから触れないわ(解説;熱いモノが苦手という意味で、猫舌にかけた私の乾坤一擲のギャグ)」と言ってみたことが何度かある

大体、薄く乾いた笑いが起きるのはまだいい方で、大体はスルーされる
ただ、一度だけだが同世代のオッサンには好評で、オッサンは「おっと、使わせてもらおうっと」と言って、ネタ帳にメモをするフリをしていた
あまりにも私の乾坤一擲のつもりのギャグがダダ滑りだったのを哀れに思ってくれたのかも知れない

ありがとうMさん



(04:30)

2017年09月10日

20013001297家族の中で、「納豆」が食べられないのは私だけ

最近では、私の隣に座った家族が、糸を引きながら「納豆」を食べているのを見ても平気になってきたが
自分から「納豆」を食べたいとは思わない
今後も多分そうだろう

あと、「目玉焼き」に何をかけて食べるか
私は、醤油だが、私以外の家族はソース
ソースのかかった目玉焼きを私は食べる気がしない

家族の中で、西日本出身なのが私だけというのが関係しているのだろうか

大学の時に寮祭があって、誰が言い出したのだったかウチのクラスは「焼うどん」を作ることになった
私を含めた西日本出身者(少数)は、当然の如くソースをかけて調理するものと思っていたが、クラスの大多数を占める東日本出身者によって拒否された
焼うどんには「醤油」をかけて調理するらしい

それまで、醤油で味付けされた焼うどんを食したことがなかった私は、結構な数の返品された焼うどん(醤油味)を見て、「そりゃそうだろう」と思ったものだ


(04:30)

2017年08月20日

kuishinbou先日、新婚旅行で行ったカナダでの食事のことを書いた

私は今までに行ったことのある海外の国は、それほど多くない 5つくらいか

どこの国の食事が一番おいしかったか
味音痴な私に言わせると、どこの国の食事もよかった

共通しているのは、機内食も含めて、食事を残したことはほとんどないこと
まぁ機内食が海外の食事に該当するのかどうかは、よく考える必要があるだろうが

驚いた記憶があるのは、ロスアンゼルスに住んでいた友人を訪ねて行った時に、初日の夕食で食べたステーキ
ステーキ本体の量もそうだったが、前菜として供されたマッシュルーム
ほとんど小さい丘だった

ステーキの食後に出て来たチョコレートケーキの甘さにも驚いた
眉間を激しく刺激してくるような甘さ

前菜、ステーキ、デザートを平気で平らげる人々

カナダで見た、ファストフードのポテト夥しい量のケチャップを投入して平らげる人々を見た時にも同じことを思った

こんな国の人々と昔戦争をして、勝つ見込みはあったんだろうかと

話は国民食に移るが、イギリスで食べた「フィッシュアンドチップス」はおいしかった
イギリスに行く前に、イギリス人の書いた小説を読んで「フィッシュアンドチップス」は一度食べてみたいと思っていた

日本人の書いた小説を読んだ海外の人が、日本に行ったら食べてみたいと思うような日本食はあるのだろうか?


(04:30)