夢のはなし

2017年07月13日

103450先日見た夢のはなし

はっきりとした場所はわからないのだが、どうも私の出身地らしいところを私は一人で歩いている

駅のような所で、私は列車から降りて歩いていたら、小学生低学年らしい見知らぬ男の子が私に近づいてきて耳打ちした

「僕は、あなたの高校の同級生〇〇(注:女子)の息子です

〇〇さんって誰やったかな? 顔が思い出せんな いや、あの人のことかも
な~んて思っていたら、子供を窘めるようにお母さんである〇〇さんが私の前に現れて言った
「〇〇君(私の苗字)久しぶりやね 元気?

〇〇さんの顏は何となく憶えていた
久しぶりなのは当たり前 高校卒業以来だからもう30年近く経過している

よく私のことがわかったし、子供を使って手の込んだことをするものだ
〇〇さんは続いて言った
「〇〇君 △△さん(注;女子)のこと憶えとる? すぐ近くにたまたまおるんよ
と次の瞬間△△さんが目の前に現れた

正直記憶にはない顔だ

私は△△さんに尋ねた
高3のとき、何組やった?
△△さん「6組
6組というのは理科系クラスで、物理化学履修クラス 極端に女子が少なかった △△さんは6組にはいなかったと思う
ちなみに私は4組で理科系だが生物化学履修クラス 女子は6組よりは多くいた

また次の場面で、私は高校の同級生たちの前で一人ラップのような曲を即興で歌いながらアジっている
「6組は、物理化学履修クラス 女子は少ない 俺たちの体育教官は◇◇ これはどうでもいいことだけど」
なんて調子のいいことを歌っているが、結構ウケている

私はラップの類はどちらかと言うと嫌いなんだが、一体何の暗示だったのか
近いうちに、私芸能界にデビューするのかも知れない

妄想ノンストップ
である


(04:30)

2017年07月05日

7191007昨夜見た夢のはなし

場所は会社(のようだ

職場にいる女性社員が誰かと話しているのだが、私は彼女の横を通り過ぎようとしている
そこで、彼女が何かのはずみで(笑ったのか?)で鼻を鳴らした
そう 豚の鳴き声の真似をするときなんかに使うあの鳴き声「フガッ」という音がした

ちょうど彼女の真横を私が通り過ぎようとしている時にタイミングよく「フガッ」が聞こえてきたので、私は反射的にその「フガッ」を真似して鼻を鳴らした(もちろん彼女をからかうつもりで)

その女性社員は、日ごろおとなしい印象で、もちろん話したことはあるのだが、口数が多い方ではない(と私は思っている
私が「フガッ」と鼻を鳴らして彼女の脇を通り過ぎた瞬間、「もうっ」と言う声とともに、私の背中に彼女の正拳突きが炸裂した

何か冗談を言われた後のドツキのレベルを超えていた
あの茨城弁のコンビが相方の頭を叩くときの感じ
あちらは正拳突きではないが

いつもおとなしい感じの女性社員の印象が変わるほどのドツキだった

夢の中で、私は密かに嬉しかった
正拳突きを背中に喰らったというのに
そう私はM




(04:30)

2017年06月25日

th先日見たで、私は会社の非常階段を降りているんだが、階段室でセミがやかましく鳴いていた

そんな季節か って、どっからセミが侵入したんだろう

で、昨日自宅近くの川沿いの公園では、確かにセミが鳴いているのを聞いた
まだ弱々しい声だったが

(04:30)

2017年06月10日

img_2毎度、いつも平日昼休みに徘徊散歩している会社近くの公園ネタ

先日は凄かった

ヘンな人が集まっている公園だなとは思っていたが

公園の中で高鉄棒とか吊り輪などの遊具が置いてある広場を通りかかった時に目にしたもの

スーツを着た勤め人風の男性がニコニコしながら歩いている
時々口を大きく開くのだが、その瞬間口から火を噴いている

誰に向かって火炎を放射しているわけでもない
男性はニコニコしながら火を噴いている

その隣には、絨毯に胡坐をかいて瞑想に励んでいる男性がいる
瞑想っぽい(どんな?)服装をしているのだが、その絨毯ごと空中を浮遊している
男性もニコニコしている
厄介なことに、空中を浮遊している男性は複数名いた
よく空中で衝突事故がおきないものだ

次はお馴染みの逆立ち女
相変わらず逆立ちをしているのだが、何かヘン

逆立ちはしているのだが、頭を直接地面に着けている 両腕は胸の前で組んだまま逆立ちをしていた
こちらもなぜかニコニコしながら

その隣にはブランコがあった
ブランコの支柱に向かってひたすら頭突きを繰り返しているのは、先日通勤電車内でみかけた女性だ
うっすらと額に血が滲んでいるが、頭突きを止める気配はない しかもニコニコしている

さほど広くはない広場に、ヘンな人が大集合している
ヘンな人同志で、相手の行動を邪魔することなく、己のヘンな行動に集中していた

このヘンな人達を組織したら、サーカス団が結成できるかも
あるいは、抗議活動にこの人たちを動員したらどうか
抗議する相手に物凄い恐怖感を与えるだろう

と、ここでチャイムの音がした
昼休みの終わりを告げるチャイム
私は職場の自席で昼休みに居眠りをして夢を見ていたのだった

よくありがちな夢オチ
私はヨダレを拭って仕事に復帰した

お粗末



(04:30)

2017年06月06日

img58371232夢で見た話

残念ながら黄金ネタではない

どこかのアパートの部屋に私がいる
部屋にはもう一人いた
死んだ、母方のばあちゃん
全く違和感は感じなかった

時刻は平日の午前十時頃で、出社していなければならない時間
今日は熱があることにして、会社を休もうかなんて思っていた

と、玄関のチャイムが鳴った
玄関を開けると、昔の職場の上司が立っていた
私が会社を休もうとしているのを知っていたのか

上司は言った
これ 前に約束していたモノ あげるよ
モノとは、包丁
それも柄のところまでステンレス製

以前、包丁をもらう約束なんてした憶えはないのだが、私は「いいんですか? ありがとうございます」と受け取った

次の場面では、私は休暇を取ったはずの職場にいる
と、もっと昔の職場の当時の上司が、私を呼び寄せる

「あのさ 昨日、君がいないところで部長から話があったんだけど うちの部の業務計画がうまく行っていないのは、業務計画の練り方が悪いからじゃないかという話でね
私のいないところで、どういう話があったのか知らないが、どうやら暗に私のせいということらしい

確かに、別の職場ではあるが、職場の業務計画の基本構想の立案に携わったことがある
「あのぅ 私が悪いと言うことでしょうか 業務計画のどこの部分が問題なんでしょうか?」
と昔の上司に質問したが、具体的な問題点はわかっていないようだった

理不尽な夢だったが、起きてから気づいたのだが、アパートの部屋で受け取った包丁をチラつかせながら、質問をすればよかったのかも

昔の上司は、早口で何を言っているのかいつもよくわからない人だった
夢でもそうだった
って、まだご存命だったのか



(04:30)