夢のはなし

2020年04月24日

無題珍しく、二日連続で夢を見た

実際には、毎日夢は見ていてもその内容を思い出せないだけかも
昨夜の夢に出てきたのは私の舎弟を含めて数名

あの舎弟が出てきたということは、何となくああいった方向の夢だったんだろうなと想像はつくのだが、内容を思い出せない

ただそれだけ
ブログのネタ枯れ対策の投稿だろうとの誹りを受けそうだが、その通りである



(04:30)

2020年04月23日

無題昨夜見た夢のはなし

登場人物は私の知らない人
と言うか、知っていた人である可能性が高いが記憶に残っていない人

三密状態を避けるべく皆が努力している昨今
私は数人の友人(記憶にない人々)と連れ立って焼肉屋に入った
一通り肉の注文を済ませ、飲み物で喉を潤していた時

私達の座ったテーブルの横に、見知らぬ若い男性が何人かで立ってこちらを眺めている
男性たちの脇には、その焼き肉店の制服を着た女性店員が立っている
その女性が私達に向かって言った
すみません 予約が入っていたのに、間違えてテーブルにご案内してしまいました

どうも、このテーブルは予約席だったのに、間違って予約をしていない私達を通してしまったらしい
私達が注文した後に、予約をしていた男性達が店に現れたということのようだ
店内の他の席はほぼ満席
私達は、席を譲るよう店員に促されている

こんな間違いってあるんだろうか
私は温厚な性格で知られているが、どうも納得がいかない
が、私の連れは仕方ないなぁといった素振りで席を譲ろうとしていた
注文だけ済ませた肉の代金はどうなるんだろうか

夢の中で、あまり細かいことは憶えていない
が、はっきり記憶にあることがある
予約席であるのに間違えて私達をその席に誘導した女性店員
「すいません 席を譲っていただけますか?」と言っているその表情は、半笑いだった



(04:30)

2020年04月02日

無題昨夜見た夢のはなし

私には妹がいる
結婚して子供もいる
ちなみに現在妹は私の家からはかなり離れた場所に住んでいる
私は家族で遊びに行き、妹の家に泊まることになった(夢の設定で)

妹の家に行くため、どこかの都市で高速バスに乗った
何と、高速バスの停留所の目の前に妹の家はあった
妹の家に上がると、まず寝室に案内された

10畳くらいはありそうな和室に、私の家族の人数分布団が敷いてある
それも、旅館にありそうな豪華な布団
私は妹の家に実際に行ったことがあるのだが、マンションだった
布団の敷いてある部屋は、どう見てもマンションの一室という感じではなかった
いつの間に一軒家に引っ越したのか

私は、和室の隣にある小部屋を見つけたが、二畳ほどの部屋で誰が何の用途で使うつもりなのかわからない洋室だった



(04:30)

2020年02月24日

無題久々に見た夢の話

実際には毎晩夢は見ているんだろうが、目覚めてからも内容を憶えていないだけかも知れない
夢に出てきたのは、高校時代の男の友人
予備校を卒業して以来だから30年以上会っていない
確か地元の大学に行ったはずだが、元気だろうか

この男(仮にMと呼ぶ)は、端正な顔立ちをしているが、中身はどこに出しても恥ずかしい変態
高校三年の時は、Mは私の隣の隣のクラスにいた
二人は、地元ラジオ局の若者向け番組に、高校名とお互いのクラス名と出席番号、名前を自らのペンネームにして、放送コードギリギリセーフのハガキを投稿しあっていた

Mと結構仲がよかった私にも変態の素養があるのかも知れないが、仮に私が変態5級だとすれば、Mは間違いなく有段者 あるいは師範かも
って、誰が変態の格付けをするのか

で、私の夢に現れたM
年齢は私と同じだが、見た目は30歳代に見えた
「おぉ 何しよん? 元気ね?」なんて普通の会話をしていたら、急にMがしゃがみこんだ
なにやら気分が悪いようで、しきりにオエオエとしている


そのうち、Mの口から黒い物体が出てきた
光沢はないが、ゼリー状の物体 ウ〇コのような異臭がする
黒い物体は長さ30センチくらいで、Mのそばに横たわっている

私は一部始終を見ていたが、黒い物体が出てきたのは見ていないフリをした
Mは「あぁ 気分ようなったわ」と話していたが、Mの口からは明らかな異臭が漂っていた
夢は唐突にここで終わる

何かMは私に伝えたかったのだろうか
Mはあれからも進化を続けており、ついに口から謎の物体を出すという最終奥義(何の)を会得し、それを私に告げたかったのか

M恐るべし


(04:30)

2019年12月16日

無題久しぶりに夢をみた

久しぶりではあるが、よくある光景だった
夢の中で私は便意を感じる 尿意ではない
で、私は町なかでトイレを探し回るのだが、その舞台がどこかの和風温泉旅館
この旅館に見覚えはないのだが、頻繁に夢に現れてくる
で、いつものように簡単にトイレの表示が見つかる

私はそのトイレに入り用を足したいのだが、そこはトイレ博物館のような感じ
トイレはいろんな種類のものがあるのだが、昔の人はこんなトイレを使っていましたというような体で、一体どうやって用を足せばいいのかわからない
というか、陳列されているトイレで勝手に用を足していいのかどうかわからない
トイレの周囲に間仕切りはなく、衆人環視のもとで用を足す必要がある

そうこうしているうちに私の便意は強くなる
あきらめて他のまともなトイレを探そうと思ううちに夢から醒める
目を覚ましたら大惨事に見舞われていたなんてことはない
今のところは



(06:56)