夢のはなし

2017年03月20日

564622fe私は、学生時代ホッケーをしていた

氷上ではなく、陸上を走り回るやつ

夢の中で、どこかわからない場所で偶然チラシのようなものを目にした
母校のホッケー部の若手二人が、どこぞのコーチの指導のおかげで、ホッケー協会から表彰を受けるらしい
私が現役の頃は、コーチなんかいなかった

練習メニューは、すべて主将が考えていた
客観的に見ると、どうだったんだろう 我々の練習は 効果的だったのか ただの自己満足か

ほう 母校ホッケー部も少しは強くなったのかな

で、夢では次の場面へ
場所は、母校キャンパスのどこか
新入生勧誘用のチラシが落ちていたので読むと、ホッケー部では新入生勧誘用に、、グラウンドにてイベントをやるらしい

なぜ私が母校キャンパスにいたのかわからないが、久しぶりにグラウンドへ行ってみることにした
グラウンドのゴール裏には、私が現役の頃にはなかった芝ののり面ができていた
ここを通れば、グラウンドへの近道になるので、私はそののり面をよじ登り始めた

予想外の傾斜があって、そのうちのり面が反っているようにも見える
城壁にあるような「武者返し」みたいだ
ホッケーグラウンド横に作られたのり面に「武者返し」がなぜ必要なんだろうか

なんとかのり面の登頂に成功した私は、懐かしい土のグラウンドを目にした
が、新入生勧誘前だというのに、手入れがまったくされていない
粘土質の土のグラウンドだったので、グラウンドの隅っこは昔から水はけが悪かったのだが、グラウンド半面が水たまり状態で、風が吹くと水面にさざ波が立っている

グラウンドの半面は、女子ホッケー部用だったが、女子用のゴールに至っては半分以上水没している

活気が微塵も感じられない
やはり母校ホッケー部が強くなる兆しは感じられない 
妙に安心したところで、目が醒めた




(04:30)

2017年03月09日

88AB8FL8CN昨夜見た夢のはなし

場所はどこかわからないが、私は私服でウロウロしている

自分でも明らかにおかしいと思ったのだが、上半身はシャツにネクタイではないが、何らかの服を着ていた
が、下半身は下着のみ着用

ここでワンポイント知識

私と言う人間は、下着にトランクスではなくブリーフを愛用している
って、そんなこと誰も興味がないか

そのブリーフだが夢の中でもお尻のあたりに不快な冷たさを感じていた
固形排泄物をもらしている

方言で言うと、「ウ〇コをしかぶる」という状態

経験から言うと、あの感触で推定される量の固形排泄物からは、かなりの異臭が漂うはず
が、夢の中では無臭

もう一つ心配がある

ブリーフが今のところは、固形排泄物の流出を食い止めているものの、それがいつ決壊して流出が始まるかわからない

あまり激しい動きは禁物だ

なんて妙に冷静に考えながら、私は下半身パンツ一丁でウロウロしている

現実の世界だと、間違いなく通報されて私は身柄を確保されるはず

夢でよかった


(04:30)

2017年02月15日

kasou1先日見た夢のはなし

相変わらず場面設定がよくわからないのだが、私は私服でどこかを歩いていた

下腹部の辺りが張ってきていたので、ガス抜きのために「ベント」を実施した
「ベント」と書けば恰好いいが、単に腸内ガス放出のため「おなら」をしただけだ

ベント実施数秒後に、私は異変に気が付いた

自分では気体のみを放出したつもりだったのだが、結構な勢いで腸内に残留していた固形物も排出されてしまった
ズボンの尻の辺りが冷たい
たしか、私服のズボンは白っぽい色だったので、固形物の色が目立っていないか気が気でない
夢の中であっても、不愉快な「冷たさ」だった

何てこった

夢の中で私は必死の形相で、トイレを探していたが、あまり地理に詳しくない土地だったので、なかなかトイレが見つからない

そうこうしているうちに、目が覚めた

何かのお告げだったのだろうか
お告げだったに違いない

今日はいつもより、便意隊の動向を細かく観察しよう



(04:30)

2017年02月12日

186fec1c昨夜は、例によって脈絡のない夢をみた
恒例の「黄金の夢」ではなかった

いつもよりも脈絡のなさが際立っており、起きたら拙ブログで一方的に紹介しようと思っていたのだが、いざ起きてみるとすっかり、夢の内容を失念している

何だったか?

せっかくのブログネタが飛んでしまった

もう一度寝るとしよう

(06:42)

2017年01月29日

OP-JITAKU-MG-3昨夜見た夢のはなし

この手の夢は今年は見ないのかななんて思っていたのだが、そうは行かなかった
私の深層意識の中に刷り込まれているんだろう きっと
って、どんな意識だっ

夢の舞台は、私が以前いた部署
ずいぶんと立派なつくりになっており、私は場所に迷ってしまった

ちなみに、用事が何だったのか失念した

いつものような強引な展開で、私はそこで一泊したらしく、朝目覚めて、灰色のポロシャツに着替えてから行動を開始した
なぜ、シャツにネクタイ姿ではなかったのか
舞台は会社の以前いた部署なんだが

行動を開始したと言っても、ビルの廊下をうろうろするだけ
何が目的だったのか

行動を開始してから数分、私は自分が着ているポロシャツを眺めてみた
灰色のポロシャツの表面に、びっしりと黄金色の物体が付着している
ウ〇コである

私は、ウ〇コがポロシャツに付着していることに気づかず、ウロウロしていたことになる
途中、何人もの人とすれ違っている
「あの人、自分のシャツにウ〇コがこびりついているのに、気づかないのか またはおしゃれのつもりか?
何て言われていたに違いない

慌てて、私はポロシャツを脱いだ
新しいシャツに着替えたのかどうかは失念した

冷静に夢の中で考えたのだが、普通ウ〇コが付着しているシャツを着たとして、着た瞬間に気づかないものだろうか? 色とか臭いで
不思議なことに、ウ〇コの付着したシャツは無臭だった

黄金色の夢は、月に一度程度のペースで見ているように思う
今年も、夢を見るたびに拙ブログで報告するので、そのつもりで
お楽しみに

さぁ、宝くじでも買いに行こうっと



(10:17)