酒のはなし

2019年11月21日

無題私が大学三年の時の夏休みのこと

カネもないくせに、友人と北海道旅行に行った
函館までは夜行列車とフェリーで行き、函館でレンタカーを借りて道内一周
苫小牧からはフェリーで戻ってきた

参加したのは私を含め男三人 レンタカーで移動のクセに、三人中私だけは免許を持っていなかった
一週間ほど北海道にいたと思う
カネを浮かせるために、極力安い宿を選んだ

北海道何泊目かに泊まったのは、ある小学校 廃校となってしばらく経っていたが、無断で泊まったわけではない
大学で同学年の女の子の所属していたサークルが、北海道で合宿をしていたので、ちゃっかりそれに便乗して宿泊したわけ
電気とか水道はどうしたのか憶えていないが、夕食後は宴会となり 誰が持ってきたのか安酒でしこたま酩酊した

我ら三人は、寝袋を持っていなかったので、小学校の校庭に停めたレンタカーの中で寝た 教室でなく

免許もなく運転をしないくせに、私は後部座席で寝転がって寝た

翌朝目が覚めた 安酒のせいで頭痛がする
何かを喋ろうとして私は口を開けたが声がでない というか、口が開かない
慌てた私は、ジェスチャーで友人に訴えかけたが、友人は私の顔を見て爆笑していた
人の気も知らず爆笑とは
憤慨しながら私は近くにあったガラス窓に自分の顔を映した

私の口の周りに、歌舞伎役者のような白塗りのメイクがしてあった
それも結構雑に
私の小さな脳がフル回転で昨夜からの記憶を呼び出す
クルマの中で寝る前に、歯磨きをした
あれ? 歯磨き後に口をゆすいだっけ?

私の口の周りに白く付着していたのは、歯磨き粉だった
何回も口を丁寧に洗い、ようやく白塗りはとれた
歯磨き後の口ゆすぎを失念するほど酩酊したとは
こりゃ間違いなく昨夜は粗相をしているはず

出発前に、私は同級生の女の子に深々と頭を下げた




(04:30)

2019年08月30日

imagesK1FC0SW1知人から聞いたのだが、私が昔よく行っていた飲み屋の大将が今年頭に亡くなっていたそうだ

知らなかったのは、しばらく私がその店に行っていないから
私がその店に行くときは基本単独行
店は道路に面しており、道路沿いの高架下の屋外席(冷暖房なし 排ガスがつまみ)と、狭い建物(冷暖房らしきものあり)内の席がメイン
酷寒期は、店外の席にビニールの囲いができる ビニールハウスだ

私はいつも一人で屋外席(高架下なので雨は防げるが野ざらし)で排気ガスを吸い込みながら酎ハイを飲んでいた
メニューは、飲み物を中心に安い だけど美味しい
大将とはどういう理由だったか仲良くなり、そのうち注文していないモノが供されてくるのが日常茶飯事
それは大将のサービス
大将によれば、私に二千円以上払わせたくないが、腹一杯にはさせたいというよくわからないこだわりがあったらしい
私は一杯目はビール 二杯目と三杯目(それ以上は飲まないいや飲めない)は酎ハイを頼むのだが、この酎ハイの焼酎の濃度が濃い
大将のサービスらしいが、この店19時までは酎ハイが200円以下だ
商売っ気の感じられない大将だった

高濃度酎ハイを二杯も飲むとフラフラになり、私は店を出て電車に乗り、自宅に帰って何食わぬ顔で夕食を食べる 飲んでいないフリをしたつもりだが、家族にはお見通しだったか
結構な苦労人だった大将
いつか、新しい大将のやっているその店にフラッと行ってみようか

合掌



(04:30)

2019年06月06日

ダウンロードもう15年ほど前にいた職場の近辺を久しぶりに歩いてみた

何か目的があったわけではない
職場自体は相変わらずだったが、やはりというか目に付いたのは昔よく行った飲食店
端的に言えば飲み屋


私が応援している蹴球団とは違うチームのファンが集う焼鳥屋が目に入った
まだ始業前で、店員さんは仕込中だった
このチームのファンは熱狂的なことで有名 
私の昔の職場の同僚もこのチームのファン私に言わせるとフーリガン)だった
同僚は、このチームの応援旗を持って全国を巡り、ここでは書けないようなことをしていたらしい(アウェーゲームで)

このチームのファンはすべてフーリガンだと勝手に私は思っているので、ファンが集う焼鳥屋も私が名付けると「フーリガン酒場

このフーリガン酒場にはもう15年ほど前に行ったことがある
入店に際して、どこのチームのファンか宣誓させられたり、フーリガンチーム(失礼)のユニフォームを強制的に着用させられるようなことはなかった

私はホッピーを頼んだ
供されたホッピーは、申し訳程度に色がついていたがほとんど原液
まぁホッピーを作って私に渡したのは、フーリガン酒場の店員さんではなかったんだが
何杯ホッピーを飲んだのか失念したが、翌朝は自分史上三本の指に入るほどの二日酔いだった

店の人が悪いのではないが、恐るべしフーリガン酒場
肝心の焼き鳥の味はこれっぽっちも記憶にない
残念


(04:30)

2019年05月29日

ダウンロード先日、地元の知人からの連絡がきっかけで臨時パトロールを実施した

よく行く焼鳥屋の入り口に不穏な貼り紙があるとの連絡を受けてのことだった
結果はよくわからないが、貼り紙(臨時休業)があったのは、焼鳥屋の隣の店(別の店)だった

パトロールを続けたが、隣町のある店が曜日を問わず13時から営業しますとのナイスな決意表明の貼り紙を見つけた
焼鳥屋

素敵だ
パトロールで私が発見するのは、鬼籍入りの通知(飲食店)だけではないのだ

今度13時過ぎに、その店に行ってみるとしよう(既に行ったが

(04:30)

2019年05月21日

ダウンロード今度の金曜日に、私が昔いた職場の同窓会がある

小規模な同窓会はちょこちょこやっているのだが、ここまでの規模の同窓会はない
なんせ30人以上が参加する

これだけの人が参加する理由は、職場の結束が固いという見方もできようが、単に欠席裁判で膾に切り刻まれるのを恐れているからではないか
その席にいないと、何言われるかわからないからな 
いやマジで

(04:30)