酒のはなし

2017年01月24日

chいや、他人さまのブログを覗いて突然、拙ブログのネタを思いついた

慢性的なネタ枯れ傾向の中、ありがたい話だ

私が高校生の頃
同級生のQ君は、一人暮らしをしていた
家族は彼の他に3人いるが、お父さんの海外赴任に彼以外の家族はついて行ったそうで、Q君は私の実家から歩いて5分くらいのところに部屋を借りて一人で住んでいた

下宿というには、食事の提供はないし、間借りというのだろうか
風呂やトイレが付属していたような記憶はない
部屋は四畳半くらい アパートという感じでもなかった
単に部屋を借りているだけと言った感じ

木造建物の二階にQ君の部屋はあった
狭い急階段を上ったところに、一部屋だけある

テレビはなかった エアコンなんかあるわけがない
で、狭いQ君の部屋で私は何をしていたか

深夜1時頃、私の家族が寝静まったのを見届けてから、私は裏口からそっと自宅を抜け出してQ君の部屋へ行く
管理人さんも誰もいない
私とQ君を含めて四人くらい級友が集まる
ほとんど酸欠状態

テレビもない部屋で烏賊臭い高校生男子達が何をするのか

随分離れたところにあったコンビニで氷とコーラ、ウイスキーを買ってQ君の部屋に戻る
今思えば何がどう美味しいのかわからないが、コークハイを作ってみんなで飲むのだ
高校生の小遣いなんで、安いウイスキーしか買えず、飲むと途端に眉間が痛みだすような安っぽい味のコークハイだった

おっと、未成年飲酒だとか騒ぐ前に、私が果たして本当のことを書いているのかどうか調べてもらいたい
フフフ

軽く酩酊してきて、次は何をするのか テレビなんかない部屋で
Q君が持っているラジカセで、RCサクセションのLPを録音したテープ(死語)を聴くのだ
そしてみんなで歌うのだ

Q君の部屋には隣室がなかったが、真夜中に大声で歌うほど阿呆ではなかった私たち
楽しいか? 楽しかったのだ 私たちは

そうこうしているうちに夜明けが近づいてくる
私の自宅の家族が起きる前に、私は自宅へ何食わぬ顔で戻り、眠る
ぢなみに、平日である 
当然眠いのだが、足りない睡眠は、授業中に取ればよい

薄いコークハイだったのだろうか、二日酔いにもならなかったし、家族にも気づかれなかった
実は気づいていたのだろうか

Q君だが、訳あって既にこの世にはいない
合掌




(04:30)

2017年01月23日

th6O95PC99先週土曜日から一週間の断酒を宣言した

当然先週末は断酒
一週間に及ぶ断酒は二年ぶりになるので、週末酒を一滴も飲まないのも二年ぶりになる

素面でも妄想癖はあるタイプなので、妄想が即、断酒による禁断症状のせいではあるまい

なぜかやたらと喉が渇く気がする
あとは時間を持て余す

まだ始まったばかりの断酒
と言うか、たったの一週間酒を飲まないというだけのこと
そんなに大げさにしなくてもと思う向きがあるだろうが、単にブログのネタがないのだ

残念



(04:30)

2016年12月29日

img2ac8c491zik6zj昨日は私の勤めている会社の御用納め

まだ今年も数日残っているし、別に今年を総括する予定もないのだが、予定通りに会社の帰りに一人お疲れちゃん会を挙行した

時間にして20分くらい
私は長く飲食店にいるのが好きではないのだ だいたい一人だし 誰と喋る訳でもないし
ちなみに、私は酒場でブツブツ独り言を言いながらコップ酒を飲むようなタイプではない
いつかその域に達してみたいとは思うが、まだ修業が足りない

お疲れちゃんというほど仕事を一生懸命したわけではないが、まあ飲み会の口実ということで
なんか、ついこの間年賀状を書いたように思うが、また年賀状の季節
もう投函はすませたけど

掃除でもしようか



(09:40)

2016年12月20日

a00a7b8f昨年は、あまりなかったと思うのだが今年は忘年会の類が多い

昨日もそう
忘年会すべてが楽しいモノかと問われると、そうでもない

とくに最近そうなのだが、五人以上で飲んだりすると妙に疲れる

別に気を使っているわけではないのだが(使っているのかも

今年予定されている忘年会はあと一回

本当は、五人以上の大人数で飲むよりも一人で酒を飲むのが好きなんだが 私は
頑張れ私

(06:37)

2016年12月19日

thF7JTDIYR隣町にある「サブカルの聖地」へ行った

三か月に一度の割合で聖地巡礼をしている
覗いてみる店は大体決まっている

昨日は、ソフビの怪獣のおもちゃを多数置いている店を覗いた いつものように
小学生低学年の私に、とてつもない恐怖を与えた映画「マタンゴ」
実際には「マタンゴ」という怪獣はいないのだが、ソフビでは全身ブツブツだらけの醜い怪
が「マタンゴ」として売られている

値段は8英世

うぅ 手が出なくはないが、今は...
隣をみると、今度は小さいサイズのマタンゴが、名前も知らない怪獣と抱き合わせで販売されていた
こちらは6英世

ブツブツ言いながら店を出て、違う店の前を通りかかったところ、妖艶な美女が私に向かい微笑んでいる
水野久美ブロマイド集

映画「マタンゴ」に出演しており、小学生低学年の私に「エロって何か?」という問いを激しく突き付けてきた女優
ブロマイドの中身は見ることができなかったが、かなり印刷は古い
こちらの値段は8英世

後ろ髪を引かれながらその店を後にしながら私は思った
飲み会に行ったつもりで「エア飲み会貯金」でも始めようか
で、それで浮いた金を「マタンゴグッズ」に投入しようか
エア飲み会一回あたり、二千円くらいとして4回くらい「エア飲み会」をすればいいか

来月あたり、願掛けで数年ぶりに二週間程度の断酒を行う予定
そうだ
「エア飲み会」貯金をして断酒を乗り切ろう
で、断酒が成功したら、自分へのご褒美で「マタンゴグッズ」をあげよう

そんなことを考えて一人ニヤニヤしながら、私は聖地から一時間程度かけて徒歩で帰宅した


(06:39)