外国の映画

2019年11月10日

images3LPYLU01私が新入社員だった頃のことだから、もう30年近く昔のはなし

私の勤めていた会社の報編集部から、なぜか私に「好きな映画のおすすめ記事」の執筆依頼が届いた
結構ないるはずの社員の中からどうして私に白羽の矢が立ったのか
当時から性格が二重らせんを描いてヒネくれていた私は、大多数の人が興味を持つであろうメジャーな映画を選ぶことなく、単純に私が好きな映画を紹介する記事を書いた
当時もそうだったが、この映画は今の時点でも私のベスト1

ちなみにその映画のタイトルは書かないが、ソビエト映画(当時はソビエトだった)
好きな映画と言っても、ビデオやDVDを所有をしていたわけではないし、当時はインターネットで色々調べる環境にもなかった 映画のパンフレットだって手元にはなかった
従って、すべては私の記憶に頼って記事を書き上げた

昔から、文章を書くのはあまり苦にならない方だったので、結構早く書き上がった
文章のクオリティは別として
その映画を観たのは、映画館で三回程度 
正直に言って、誰もが知っているという類の映画ではなかった
内容だって、観る人によって色んな解釈ができるようなもので、わかりやすいものではなかった
が、私がこの映画を好きな理由を中心に、原稿を書き上げた

原稿を社報編集部に提出してから数日後に、私の職場に社報編集部から電話があった
曰く「原稿受け取りました ありがとうございます ただ、誰もが知っているような映画でないので、ある程度映画の展開がわかるような文章にしたいと思うのです いただいた原稿では、この映画への熱い思いのようなものは伝わるのですが、映画の展開がわかりません(映画の展開については、私は触れていない) 申し訳ないのですが、こちら編集部で映画の展開がわかるように少々文章を手直しさせて
いただきます


確かに誰もが知っている映画ではなかったので、ある程度の筋立ての紹介は必要かもと納得し私は原稿の手直しを了解した

数日後社報が発行された
私の文章も掲載されていた
が、私のオリジナルと言える文章はほとんどなかった
社報編集部の「赤ペン先生」による添削で、文章はほとんど真っ赤に添削されていた

もともと私の書く文章は長いうえに分かりづらい部分が多いと周囲には言われていた
ほとんど原形をとどめないほどに添削されていた、私の社報原稿
文章を書くのが嫌いではないということと、それが誰にでも理解される文章であるとは別という当たり前のことに気づかされた

その後もちろん私に社報の原稿執筆依頼はない



(04:30)

2019年06月04日

images今日がムシの日だということと、タイトルには大いに関係がある

ムシのことを私は嫌いでもないし、毎晩枕元に置いて寝たいと思うほど好きでもない
大型昆虫から、微生物サイズのムシまでムシにもいろいろあるが、私の場合ムシのサイズが小型化するほど、集団生活をするほどどちらかと言えば苦手になる

小型のムシと言っても、家の中で動き回り、私以外の家族を戦慄させているゴキブリなんかは平気
集団で徘徊しているとか、不意をついて私の方へ飛んでくる場合は別だが
ゴキブリはティッシュでそっと捕まえて、窓の外へ逃がしてやる慈悲の心をもっている

が仏様のような私が、近くにいるだけで修羅の形相になるムシがいる
苦手というか、憎しみを憶えている
アリ

特に小型の茶色っぽい奴らが嫌い
私の幼少の頃の記憶で、もう亡くなった祖父母の家の玄関で、夥しい数のアリを見かけた記憶がある
本当に見た光景だかとうだかわからないが、どうもそれがトラウマになっている

西部劇の冒頭のシーンで、地面にたかった大量のアリがアップとなる海外の映画がある
不意を突かれて大嫌いなアリのアップを観た私は、殆ど気絶していた
私の嫌いな茶色い小型の奴ら よりによって

ムシの日を祝う人は少ないんだろうが、私はアリ以外であったらムシの日を祝ってもいい

(04:30)

2018年06月27日

imagesネットニュースで目にした話

映画キック・アスでヒット・ガールに扮した女優が、インタビューで「第三作へは出演しない」と述べているらしい
何でも、シリーズ第二作でのヒット・ガールの扱いに不満があるようだ
そもそも第三作の構想があるのかわからない

第一作に比べると、第二作の出来については、どうなんだろうなという疑問符がつくように思う
私は映画評論家ではないし、細かいことはうまく表現できない

実現するかどうか見通しの立たない第三作では、是非亡くなったビッグ・ダディも生き返らせて、高層ビルの最上階でバズーカ砲を発射するような無茶苦茶な設定で楽しませてもらいたいもの
もちろんヒット・ガールつき

(04:30)

2017年10月03日

middle_1472711076The  Style Counsil「My ever changing moods」の巻

いつも行く散髪屋で流れていた曲

私は散髪はいつも理髪店でしてもらい、行く店は決まっている 
できれば、私の髪を切る人は若い女性でない方がいい

で、いつも行く理髪店ではBGMとして、隣県のFM局の放送を流している
直接ラジオで受信しているのか 
やけに音質がいいので、有線なのだろうか

で流れてきたのがスタカン(The Style Counsil)の曲
かなり久しぶりに聴いたので、私はてっきり誰かによるカバー曲かと思っていた
DJ(パーソナリティと言うらしい)によると、カバー曲でなく原曲らしかった

スタカンもそうだが、The Jam のアルバムも一枚も所有していない
Paul Wellerに関しては、私が中学のころ愛読していた洋楽誌に掲載されていた写真に、くぎ付けになった記憶がある
白いステンカラーコートを着て、真っすぐにカメラを見つめている写真 笑顔はなし

その写真を見て何年かしてから、私はそのコートと同じイギリスのブランドのステンカラーコートを購入した
色は同じ白 だが、やや裾丈が長く野暮ったい印象だった
Paulを真似ようとは思わなかったが、比較にはならなかった(比べているし

私が愛読していた洋楽誌には、Paulの愛読書が紹介されてもいた
長距離走者の孤独
早速文庫本を購入して読んだ

この作品が映画化されているのをだいぶ後で知って、観たことがある
小説の方は未だに心に残っているが、映画は違和感ばかり残った
映画の主演は、好きな役者だっただけに、残念 
トム・コートネイ主演

脚本が悪いんだ   きっと



(04:30)

2017年05月08日

file久々に、ケーブルテレビで映画を観た

マカロニウエスタン

日本の時代劇みたいで、勧善懲悪 というか、本当に悪いヤツは死ぬ
悪や卑劣漢でも憎めないヤツは生き残る
私は、ベタで、頭をあまり使わなくて済むような映画が好きなのだ

観たのは、善玉としてイーストウッドが出る映画
悪漢の役者は最後は予定通り昇天するが、上手い役者だった
卑劣漢は、卑劣さがにじみ出てくるようなこれもいい役者だった

三人は、アメリカの南北戦争時代に、屋外の広大な墓地に隠された20万ドルを探す
で、悪漢が死んだ後に、イーストウッドは卑劣漢にシャベルを渡して「掘れ」と命じる
墓堀りである

私が観たのは、マカロニウエスタンの名作と言われる作品だが、素人の私から見ても、「ここはもっと編集で短くしてもいいんじゃね?」と思えるシーンが満載

休日は、頭を使わないですむ映画鑑賞もまたいい



(04:30)