外国の音楽

2018年06月19日

imagesThe Smiths「Big mouth strikes again」の巻

日曜日に、隣町の商店街を歩いていたとき、商店街のスピーカーから、小音量ながら、聞き覚えのある曲が流れていた
商店街を歩いていたのは、私の知らない間に鬼籍に入った飲食店がないかどうか調べるパトロールの意味もあった
結局、そば屋でコップ酒を昼間からあおりながらもりそばを食べたのだが

商店街のBGMは音量が小さかったが、私は聞き逃さなかった
あまりThe Smithsの曲が有線で流れるとは思わない
有線ではなく、商店街の店の店主が交替で好きな曲を流しているのではないか
となると、趣味人っぽい選曲をするのは、あのラーメン屋の主かも

なんて想像しながら一人商店街を歩いていた
この曲を聴くと夏を思い出す
この曲が発売された季節は知らない

私は音楽が好きだが、電化の波に乗り遅れたため、社会人になるまでCDプレーヤーを持っていなかった
大学に入学して真っ先に購入したステレオはアナログプレーヤーつき
やはり誰よりも早く購入したビデオデッキはベータ

毎年夏休みになると、帰省する知り合いからCDラジカセを借りて、CDをレンタル屋で借りて聴いていた
知り合いというのは、現在の妻だったりする
確か、大学3年か4年の夏休みに聴いたのが、The Smiths「The Queen is dead」
この曲が入っていたアルバム

どうせヴォーカルのMorisseyが書く歌詞だから悲惨な内容なんだろうと思っていたら、やっぱり悲惨というか単純なラヴソングからは100光年くらい離れたモノだった

ちなみにThe Smithsは大好きだったりする

(04:30)

2018年05月05日

imagesウチにはクルマがない

自宅には駐車場スペースはあるのだが、肝心のクルマがない
駅からは遠いのだが、我慢すれば(歩くのを)、鉄道もバスも利用可能で無理してまでクルマは必要ないし、何よりも私がクルマの運転が嫌い

そんな私だから、クルマの名前には疎いし、乗ってみたいと思うクルマはない
ミツ〇シのデ〇ネアの古いモデルは、デザインが好きなんだが、自分で運転した
くはない

私の好きなイギリスのバンドがある
もう解散してしまったけど
そのバンドの何というタイトルだったか失念したが、一枚のCDを所有している
CDのライナー(歌詞とか訳詞とか、解説が載っている)の中に数枚の写真がある

写真の一枚に、ゴールドのワゴン車の運転席から気だるそうにこちらを見ているヴォーカリストの写真がある
ワゴン車の後部座席にはバンドのメンバーが乗っている
写真にはバンドのメンバーの笑顔は写っていないのだが、私は勝手に想像した

このバンドはきっとイギリス国内のツアーをこうやって、バンドのメンバー揃ってワゴン車で行っているのだろう
写真に笑顔はないが、ツアーの道中結構楽しいんだろうな

無論、このバンドがそうやってワゴン車でツアーを行っているという保証はない
写真から勝手に私が感じ取ったのは、そんな妄想だった
ちなみに、クルマのメーカーと車種はわかっている

(04:30)

2018年04月20日

images私が中学生高校生だった頃の話

地元のラジオ局で、日曜の確か15時か16時から1時間番組で、タイトルもズバリ「ヨーロッパの音楽」というベタなタイトルの番組をやっていた
地方の中高生にとって、日曜の夕方というのは微妙にやることがない時間帯
私のパターンとしては、この番組を聴いて、17時からは隣県のラジオ局の公開生放送番組を聴くのが普段通りだった
隣県の局が作成した番組ではなく中国地方5県のラジオ局で流れている番組

この番組が終わると18時 サラリーマンでもないのに、憂鬱な気分マックスである

さて、ヨーロッパの音楽
当時は、ミュージックビデオなんてほとんどない時代
この番組で流れていたのは、イギリス偏重ではなく、ヨーロッパ中の国の曲だった

ABBAの「Dancing Queen」もこの番組で初めて聴いた
アメリカやイギリス中心の曲を普段聴いていた中では、この番組で流れた曲は新鮮だった
その割には、ABBA以外のアーティストを憶えていない

日曜日だと言うのに、どこに行くわけでもなく、自室でラジオばかり聴いていた
一人ででも隣町の繁華街に出かければいいのだが、不良がうろうろしていそうで、怖かったのだ
私の出身県では民放のラジオ局は二局あって、私がよく聴いていたのはK局だった
この「ヨーロッパの音楽」のDJ(最近ではパーソナリティと言うのか)はMさん
人気者だった 
なんの捻りもない番組のタイトルだが、どういうきっかけだったが思い出した

(04:30)

2018年04月13日

ダウンロード大リーグで、二刀流に挑戦している日本の若者が活躍している

彼が野球場に登場する際に流れるテーマ曲は、彼が日本にいた時と同じ曲だそうだ
妄想を趣味としている私は、自分の能力は考慮せずに妄想する
大リーグと限らずとも、私が球場に登場する時のテーマ曲は何にしようか

Iggy Pop「Lust for life」 捻りがないか
Babylon Zoo「Animal army」
Heartbreakers「Chinese rock」
(Tom Pettyではない)
この辺が頭にすぐ浮かぶ

やはり日本人なので、日本人の曲がいいか
サンハウス「レモンティー」なんてどうか

仮に「レモンティー」が登場のテーマ曲だったとしよう
登場の瞬間から私はヘッドバンギングを続けることになろうか
速攻で酸欠間違いなし

音楽に興味がない諸兄(興味ある諸兄もそう)にとっては、「は? 何言ってるの?」てなことだろう
いいのだ

久しぶりにKateでレモンティー聴こうか





(04:00)

2018年03月27日

imagesSuede「Young Man」の巻

Suedeの曲である Y・M・C・Aではない
封印してはいるが、Y・M・C・Aはカラオケで歌ったりする
封印したと言っても一年半だが

Suedeのデビューミニアルバムは、当時読んでいた洋楽雑誌でべた褒めだったので、試しに購入して聴いてみた
洋楽雑誌では「歌うギター」なんて評されていたが、うまいこというもんだと関心した

このYoung Manという曲でギターを弾いているのは、Barnardだったか 二代目のギタリストだったか
この曲はデビューミニアルバムには入っていない
ギターは、歌っているというか、自由闊達にメロディーを刻んでいる

私はたまに、朝からテンションを上げたいと思う時がある たまにだけど
そんな時は、Kateに入っているこの「Young Man」を聴いたり、戦時歌謡を聴いたり、サンハウスの「レモン・ティー」を聴いたりする
テンションを上げたところで、一日がスムーズに回ったことはない

残念である



(04:30)