外国の音楽

2017年03月23日

ae0ad-9to5logo-orangeSheena Easton「9to5」の巻

隣町にあるラーメン屋
で流れていた曲
この店は、二年ほど前にも印象に残ったBGMが流れており、拙ブログの記事にしたことがある

きっと、有線で私の琴線に抵触しまくる放送局を選択しているのか、店主の選曲の趣味が私と被りまくりなのだろう

Sheena Easton「9to5」
私が中学生の頃のヒット曲
アメリカでは、「9to5」という同名の映画がヒットして、私はてっきりこの映画のサントラの曲かと思っていたが、タイアップはしていないらしい

映画は観た
ことがないが、出演者の一人はドリー・パートン
映画の話ではないが、人工授精かなにかによって誕生したクローン羊がメスで、羊だけに非常に豊かなバストをしていたので、「ドリー」と名付けられたという

その元ネタがドリー・パートン
どのくらい豊かな胸の持ち主だったか
私は、何かの雑誌(エ〇本ではない)で、着衣のドリーの写真を見たことがある
ダイナマイトなんて生半可な形容詞では済まないような、何かとてつもないモノを見たような気がした

Sheenaの曲は、ドリーの映画とは無関係だとは知らずに知った
彼女の別のヒット曲を聴いて、その当時流行り出したミュージックビデオで、彼女のご尊顔を拝した

時は1980年代
少し濃いめのメークと、どんなんだろうそれは、というほどのパーマ

日本人には真似できないような容姿でSheenaは歌っていた
私は好きだった 濃いめの顏が好きなのだ私は




(04:30)

2017年03月22日

img57314172チャック・ベリーが亡くなった

私はロックが好きだけど、チャック・ベリーのアルバムは一枚も持っていない

が、Kate(iPod)には彼の曲が一曲入っている

NewYork Dollsのメンバーが好きな曲ばかり集めた、コンピレーションアルバムの中の一曲

Too much Monkey Business

この曲を聴いたことのない人も、もう40年以上も前のラジオ深夜放送で、「この歌はこんな風に聞こえる」というコーナー(「空耳アワーの前身的な番組)のテーマ曲だったと言えば、数名は思い当たるか

曲の中のある単語が、西日本地方で性行為のことを表す三文字の単語にしか聞こえなかった
イカ臭い中高生は、この深夜放送に聞き入っていた(〇光師匠!

紹介される曲のほとんどが下ネタ それも無理矢理こじつけた感が満載だった

実際にはチャックは、東洋の島国の西日本の三文字単語のことを知ろうはずはなく、「Army Car」と歌っているだけなんだが

私にとって、チャック・ベリーの曲と言えば、この「Too much Monkey Business」になる

さようならチャック


(04:30)

2017年02月08日

Dynamine%20athemon%20PBJ2833-001aネット(熱帯雨林で久々にCDを購入した 今日は音楽ネタ

Cocteau Twins「Tiny Dynamine/Echoes in a Shallow Bay」

この曲を聴くと、大学一年の秋を思い出す
当時はCDがそれほどメジャーではなく、このアルバムは、LP(死語)をテープに録音したものを、私はウォークマンで聴いていた

大学時代に一番聞いたアーティストはKate様だろうか黒糖双子いや、Cocteau Twinsだったろうか
Cocteau Twinsについては一番聞いた(好きな)アルバムは「Treasure」だろう
で、次に好きだったのがこのミニアルバム

思い出す風景は、日曜日の昼前に寮の一人部屋で遅く起きた私が、どんより曇った秋の日に自転車に跨って、20分ほどかかって、あるホテル併設のパン屋まで出かけ、パンを幾つか購入して再び寮へ戻るというもの
このパン屋までの行き帰りに、ウォー〇マンでこのミニアルバムを聴いていた

寮では、豆から挽いたコーヒーを飲みながら、優雅にパンを食べる
一人で
なんてラグジュアリーな私

単に当時から一人行動が好きだったのだろう 友達がいなかったのか
まだ彼女もいなかった...


何で、LPをすべて売却してからすぐにこのアルバムのCDを購入しなかったのだろうか

うねるようなベースに、何と歌っているのかわからないヴォーカルと、時に官能的、時に痙攣的なエコーのかかったギターが絡み合う
何と歌っているのかわからないのは、歌詞が英語だからではない
何語で歌っているのかわからないから(英語じゃない フランス語でもない 確か歌詞カードもなかったはず) 
昨日はリピートで4回も演奏を聴いた kate(iPod)で

ヘヴィローテーション必至である








(04:30)

2017年02月02日

02322001848Three Dog Night「Joy to the World」の巻

昨日に続いての音楽ネタ

今回は、飲食店で流れていたBGMがテーマではない
いつも私が徘徊いや、散歩している公園にあるレストランの前を昨日通りかかったら、礼服を来た男女の集団がいて、この曲が流れてきた

何事かと思い、音のした方をよく見るとウェディングドレス姿の新婦とタキシード姿の新郎が立っていた
レストランで結婚披露パーティーをやっているようだ

今日は平日だが、結婚披露パーティー?
私の妄想スイッチが入る

の結婚式と披露パーティーも平日だった
理由は、週末に空いている結婚式場がなかったから
割と唐突に決まったのだ 私の結婚式は
私の計画性のなさの、なせる技でもある
ちなみに、できちゃった婚ではない ウチは

私は下衆な想像をする

あのカップルもきっと急に結婚を決めたので、週末に空いている結婚式場がなかったに違いない
この公園には式場はない
公園のレストランににわか牧師さんを呼んだのだろう

急に結婚が決まった理由はあれだろうか
妊娠していることがわかったので、急に結婚を決めたに違いない
そう言えば、新郎はどことなく浮かない顔をしていた(気がする)

話を本題に強引に戻す

私は「Three Dog Night」に思い入れがあるわけではない
彼らのアルバムも一枚ももっていない
ただ、今日公園で急に流れてきた曲は、新郎新婦の編集した曲の数々の一部のような気が勝手にしたので、次に流れてくる曲はどんなものだろうかと興味が湧いてきただけ

ちなみに、次の曲は流れて来なかった
さて お次は~」と披露パーティの司会の女性のアナウンスが流れてきた

昨日は、それほど寒くもなくよかったね(おべんちゃら)




(04:30)

2016年12月27日

th7WC4XG15ジョージ・マイケルが亡くなった
私は、好きな映画俳優とか音楽家が亡くなった時なんかに、「さよなら」シリーズとして拙ブログに駄文を垂れ流したりしている

では、私はジョージ・マイケルのファンだったのか ワム!のファンだったのか
答えは否

彼のグループ時代もソロ時代も含め、CDやLPは一枚も持っていない
クリスマスの季節になるとお約束のように町なかで流れるワム!の「ラスト・クリスマス」なんかにはうんざりするタイプだったりする

ではなぜ駄文を書くのか 彼を題材に

彼の死を知ったのは、パソコンのネットニュースでだった
私が見た記事では、「J・マイケル氏亡くなる」とタイトルにあった

ん? ジョージって、綴りは確かで始まるんじゃなかったか
G・マイケルじゃないのか?
まさか、本名はジョージ・マイケル(譲二マイケル)で、略すとJ・マイケルになるのか?

譲二って、演歌歌手じゃないか

などと阿呆な妄想をしているうちに、夕方になってネットニュースの見出しは「G・マイケル氏亡くなる」にいつの間にか訂正されていた

さようなら譲二いや、ジョージ
ちっとも追悼っぽくなくなってしまったが、ゆっくり休んでください




(04:30)