外国の音楽

2020年07月04日

OIPTom Jones「If I only knew」の巻

先日聴いていたラジオでリクエスト大会をやっていた
テーマは、よく聴き取れなかったが、暑い曲だったような気がする

Tom御大のこの曲は、暑苦しい曲の三曲目に確か流れてきた
この曲の邦題は「恋はメキ・メキ
歌詞の一部にメキメキと聞こえなくもない部分があるという、ただそれだけの理由で付けられたのであろう邦題

暑いのは、Tom御大の尋常でない声量ではないか

私は、知人が参加しているバンドのライブを何年か前に観に行ったことがある
そのバンドは、何曲目かにこの曲を演奏した
私がこの曲を知っており、Tom御大の声量の尋常でなさも知っていたので、この曲はカバーで再現はできないだろうと思いながら、イントロを聞いていた

知人のいるバンドのヴォーカルはラメ入りシルバーのジャケットを着た恰幅のいい男性アフロヘアー
結論から言うと、見事にカバーしていた

私は、Tom御大に捧げられたCDも持っている
イギリス四国の色んなアーティスト(老若男女)が色んな曲を御大と楽しそうにデュエットしている

愛されているんだね Tom御大




(04:30)

2020年04月20日

無題私がよく聴くラジオ番組で、先日リクエスト大会があった

テーマは「ディスコ音楽
私は音楽が好きではあるが、ディスコへは行ったことがない
私が学生だった頃はディスコブームだったが、当時流行していた所謂ユーロ・ビートがどうも好きになれず、それと大学の近くにあったディスコにたむろしていたヤンチャな鬼遺産や尾根遺産が怖くて近づかなかったから

ユーロ・ビートは好きになれなかったが、ディスコ音楽は好きだった
ディスコ音楽として、思いついた曲があった

元歌は海外の曲で、歌っていたのはディスコの女王
私がリクエストしようかと思ったのは、その曲のカバー曲
カバーしているのは男性 


で、ゲストの男性を招いて二人でこの曲を歌っている(因みにヴォーカルの二人はいずれもゲイ
切々と男性への愛情をディスコビートに乗せて歌い上げるのは聞きもの

私はリクエストするのを忘れて、私はラジオ番組のリクエスト大会を聴いていた
何と、私がリクエストを考えていた曲の元歌がラジオから流れてきた
実は元歌は初めて聴いたが、さすがディスコの女王 かっこいい

来週もリクエスト大会はあるはず
次回のテーマは何だろうか
って、すっかりリクエストする気満々である





(04:30)

2020年03月04日

images9365QEHQ先日、散髪に行った

行った理髪店では国会の予算委員会での質疑の模様が、ラジオでBGMとして流れていた
辛口のコメントで知られる理容室のオバサンによって、野党はもちろん与党や首相も鱠に切り刻まれていた
骨は拾わないけど 合掌

さて、この日は晴れていて気温が高く無風だった
椅子に座って、目の前の鏡に映った己の顔を見て仰天
目が充血して、いかにも花粉が付着していますという証拠のように黄色いヤニが眼球にこびりついている
目がチクチクはしていたが、痒さはそれほどでもなかった

こういうのをYellowy eyesというのか
Yellowy eyesというのはThe CLASH「London Calling」に出てくる歌詞
意味的には「麻薬中毒者の目」という感じらしい(ですよねピーター師匠

私は麻薬の類は嗜まない
単に花粉が眼球に黄色くこびりついているだけ


  


(04:30)

2020年01月09日

無題Rick AstleyTogether Forever」の巻

先日行った理容室で流れていたBGM
BGMはラジオ放送で、80年代のディスコ音楽特集をやっていた
私は音楽が好きだが、所謂ディスコには行ったことがない

理由は踊れないのと、私の出た大学の近くにあったディスコはガラの悪い男女がウヨウヨしていて怖かったことと、カネがなかったことそれに、私の好きな曲が流れそうもないこと
当時ディスコで流れていたような曲のLPもCDも一枚も持っていない

このRickの曲も当時はよくラジオで流れていた
彼の声質は好きだったが、ディスコで流れている曲の一つって理由で熱心に聴くことはなかった
聞かなかった理由は他にもあるけど

ラジオのDJによれば、当時のディスコでは安い料金でフリーフード・フリードリンクのサービスが当たり前だったとか
言葉を変えると飲み放題食べ放題
ディスコへ行って、数日分の食事を済ませる(音楽は我慢して)という手もあったのか
でも、ディスコにいたであろう怖い鬼遺産や尾根遺産に絡まれる方が怖い


(04:30)

2019年12月05日

imagesIO5O6QBV先日、いつものようにラジオを聴いていた

この日のDJ(パーソナリティって言うのか)は、日本のロックバンドのヴォーカリストの男性
この人が印象に残るロッカーの思い出を語るコーナーがあり、私はそれを楽しみにしている
週に一度このDJのコーナーがあるのだが、今までは日本人のロッカーの思い出が中心だった
先日も「今日は誰が取り上げられるのかな?」と楽しみだった
当然日本人ロッカーが取り上げられると思っていた

取り上げられたのはIggy  Pop
私が高校二年生の頃、パンクとかニューウェーブと呼ばれる海外のバンドのレコードやカセットをよく聴いていた
私はピアノ以外の楽器を演奏できない 今は楽譜も読めないかも
バンド活動には縁がなかったが音楽を聴くのは大好きだった
高二のときに修学旅行で行った東京での自由行動時には、レコード屋に行って、北九州では入手できないような輸入盤を何枚か買った

その際に買ったレコードのうち二枚がIggyのもの
修学旅行に行く前だったか後だったか、友人から借りてダビングしたLPがIggyの「Lust for Life
何百回くらい聴いただろう
ちなみにラジオから流れてきたのは「passenger
「Lust for Life」に収録されている曲だ

この番組でIggyが取り上げられたのが驚きだったし、私が何歳まで生きるのかわからないが、生きているうちにAMラジオでIggyの曲を聴くとは思わなかった
私の自宅パソコンにはIggyの「Lust for Life」が当然入っている

久しぶりに聴いてみようかな
次回の放送で取り上げられるのは誰だろうか




(04:30)