日常のこと

2018年05月17日

images私の自宅のすぐそばに、小さな公園がある

この公園にはトイレが併設されている
自宅を出て、徒歩で3分ほどしかかからないのだが、ここのトイレに何度救われたか
あ、救ってくれなかったこともあったが 何か?

今日は公園のトイレの話ではない
先日最寄りの駅まで歩いて通勤する時に、この公園脇を通った
公園の近くまで来た時、ハァハァという荒い息遣いとともに、「ガツッ ガツッ」という渇いた音がして来る

朝っぱらから一体何だと、好奇心丸出しの私は、公園の前に辿り着き、渇いた音の正体を見た
公園のトイレ脇には、何の種類かわからないが、一本の木が生えている
幹の太さは10センチと少しくらいか
地上3メートルから上の部分に、枝が伸びている

見ると、ニット帽を被ったジャージ姿の若い男性が、一心不乱に木の幹に蹴りを入れている
足の甲で蹴るのではなく、足裏で蹴っている
余程長い時間蹴り続けたのか、息が荒い

何をしているんだろう彼は
トレーニングの一環なのか、学校や職場で何かイヤなことがあったのか
蹴りを入れている木に何か人には言えない恨みがあるのか

木は見たところ、グラグラしてはいなかったが、木を蹴ることはなかろう
あんなに執拗に
他の鍛練方法を見つけるべきだ

鍛練と言えば、ある公園にあるいい鍛練場を私は知っている
今度行ってみないか?

(04:30)

2018年05月15日

ダウンロード昨年末に酩酊して転倒した際に、強打した左肩

今年二月になってレントゲンを撮って(痛みがなかったので、放置していた)、なんと鎖骨が折れているのがわかった
整形外科の先生は、なぜ傷みがないのか不思議がっていた
無神経極まりない話である

左腕に力が入りにくい状態が続いていた
現在も握力計での測定値は、左腕では「」しかない

私は、右利きではあるが、幼少の頃に矯正された(私の知らないうちに)のではないかと思うほど、日常的には左手を使う
字を書くのは右手だが、例えば歯を磨いたり、コップを持つのは左手 パンを食べるのも左手 野球は右投げ左打ち

なんで、通勤時に鞄を持つのは左手
雨の日なんて、本当は左手で傘を持ちたいのだが、鞄を持っているので仕方なく右手で持っている
左手に鞄、右手に傘と両手が塞がっている
もっと持物を整理すればいいんだろうが、鞄が最近重く感じる
左手の筋力が落ちているんだろうか

雨の日に両手が塞がると、バランスを崩す原因となりかねないので、用心のためにビジネス用の肩掛け鞄を捜しに出かけた
私が買い物をする時は大体そうなんだが、あらかじめ買いたいと思うモノを決めておく
だから迷ってモノを買うことは少ない

鞄もネットで事前に調べておいたものが比較的すぐに見つかったので、正味十分ほどで購入は決まった
私にしては割といい値段だったのだが、必要なモノだし仕方がない

と言い訳をして、買い物終了後に飲食店で一人反省会と称してビールを飲んだ
昼間っから 一人で






(04:30)

2018年05月13日

ダウンロード先日、数年前職場で一緒だった友人と久しぶりに会った

職場が一緒だった頃は、他にやることがないのかと突っ込まれそうなほどよく飲んでいた
仕事終わりに町に繰り出したり、職場の自席で飲んだり

久しぶりに会った友人とは自然の流れで飲みに行ったのだが、一緒に飲みに行くのは8年ぶりくらいだそうだ
もっと頻繁に飲みに行っていた気がしたのだが

久しぶりに会って飲んで感じたことがある
飲みには四人で出かけたのだが、友人は飲みの席で仕事の話を一切しなかった
そう言えば、昔イヤというほど飲みに行っていた頃から友人は「僕は飲み会の席で仕事の話は嫌いだからしません」と言っていた
私も飲み会で仕事の話をするのは嫌い

飲みに行った四人の中で、私と友人はIQゼロの話に終始
残りの二人は、何やらまじめに仕事の話をしていた

私は普段も飲みには行くのだが、基本単独行
単に友達がいないからという理由もあるが、一人のペースで、誰とも喋らずにカウンターで飲んでいる
誰とも喋らないのだから、仕事の話もしない
久々に複数名で飲みに出かけた 
友人の変わらない姿に懐かしさを覚えた次第

(04:30)

2018年05月10日

ダウンロード先日通勤途中に、自宅最寄駅まで歩いている途中、いつの間にか私の前を歩いていた二人に注目した

しばらく前の金曜日朝に、並んで手を繋いで歩いていた男女
あの時と同じで男性が右側、女性が左側を歩いている
あの時と違うのは、男性はうなだれて歩いてはいたが、肩はそれほど落ちていなかったこと
それと、女性が一歩前を歩き、男性の手を引っ張るように歩いてはいなかったこと

今回は、二人並んで手を繋いで歩いていたが、前回と同じく会話はなかった
女性の私服警官に所轄署まで連行される男性と言った風情ではなかった

親子には見えなかったが、いつもああやって無言で手を繋いで並んで歩いているのだろうか
下衆な妄想はどんどん膨らんでいくのだが、今度は追い越しざまにご尊顔を拝してみようと思う


(04:30)

2018年05月09日

ダウンロードいや 別に、知り合いにこういう名前の女性がいるというわけではない

私の決して豊かではないボキャブラリの中での連想ゲーム
ギーッ」(昨日の投稿のタイトル)→「ギー」→「大鶴義丹」→「李麗仙」→「ほうれい線」→「芳麗仙

お粗末である

(04:30)