日常のこと

2017年04月19日

th4YIZ0GZH先日、ここ数年間は年に一度のペースで訪れる町に行った

この町は私が学生時代を過ごした町の隣町にあたる
私の学生時代を過ごした町の付近を鉄道が通っていなかった 私の学生時代は

我々は、バスで先日訪れた町まで行って、そこで鉄道に乗り換えたものだ
今は、私が学生時代を過ごした町にも鉄道がおり、学生がバスで隣町まで行くことはなくなっている

訪れるたびに、賑わいらしさが消えていく この町は

ただ、私が学生時代にたまに利用していた居酒屋は、まだ現役で、先日も一年ぶりに行ってみた
客の入りはイマイチな気がしたが、懐かしかった

居酒屋に行ったのは、夜の早い時間だったので、最後に別の店に行ってみた
私は行ったことがなかったが、ある中華料理屋

私は、中華料理屋に行くと、麺類は酸辣湯麺をほとんどの場合注文する
色んな店の味を比較したいからではなく、単に好きだから

店によっては、単に酢が入っているだけとしか思えないような、むせかえるような酸っぱさの麵もある

で、私はほとんどの場合間食をする
出されたモノは、間食するというのが、貧乏人の私の流儀

が、先日の中華料理屋は違った
分量にすると4/7位は残したのではないか

味音痴な私が指摘するのも説得力が乏しいのだが、麺は素麺みたいだったし、酸味を効かせたスープと麺がまったく味が際立っている
一緒に行った家人も、別の麺を食したのだが、一言
久々に酷い麺を食べた

麺類以外に注文したメニューの味は悪くなかった
麺類だけは何で、あんなに酷い味なのか

本当は都市名と店名を晒してやりたい気分だが、営業妨害で法外な慰謝料を請求されても腹が立つ(払えない)だけなので、黙っておく

店内は結構混雑していた
この店とは別に、そこそこ混雑しているのだが、破壊的に不味い麺を出す店を知っている

その店にとある年末に一緒に行った同僚は、その年の年末と翌年の年始を棒に振るほどのダメージを負った



(04:30)

2017年04月17日

11829788私の通勤経路にある飲食店が、予想通りと言うか昨年の12月半ばに閉店したことは書いた

惜しまれつつ(

それ以降、約4ヶ月もの間改修工事がされていたのだが、先日満を持して和食の麺類チェーン店が開店した
早速昼休みの徘徊散歩帰りに、覗いてみた

麺類の単価は高くはないので、客の回転を良くしなければならないだろう
長い時間客が席に座っていたのでは、麺も伸びてしまうし、店にとってもありがたくはない

開店した店の座席は、会社の社員食堂を思い出させるようなシンプルなもの
シンプルと言えば格好いいが、殺風景と言えば殺風景

開店初日とあって、お客さんの入りもいいし回転もいい
お客さんは、セルフサービスでお盆に乗せた麺類を自席まで運び、ズハズハと食べている

まだ味を確かめた訳ではないので、何とも言えないが、この手のチェーン店が閉店したとすれば、味云々よりも強烈な負の磁場が働いているせいとしか言えないだろう

まだ開店したばかり
どうなるのだろうか(他人事だけど興味津々)



(04:30)

2017年04月16日

necktieいつものように、昼食後に会社近くの公園まで徘徊散歩したときのこと

若い男女とすれ違った

汗ばむと言うほどの陽気ではなかったが、男性の方は暑かったのだろう

ジャケットにシャツにネクタイをしていたが、白シャツの第一ボタンは開けて素肌を覗かせてネクタイは緩めていた
シャツからどうしても素肌を覗かせたかったのだろうか

残念ながら、その男性はやせ形で、色白
素肌が胸元から覗いていても少しも健康的には見えなかった

ネクタイはブルー系のレジメンタルだったが、注目すべきはそのネクタイの着用方法

ネクタイは、シャツの上から襟をくぐらせて締めるものだと思っている
が、その男性のネクタイは、どういう訳か、第一ボタンを開けた白シャツの内側に締めてあった

首の周りを通ってはいるのだが、シャツの下つまり、素肌の首に巻き付けてあるようなもの

行きかう人は、誰一人男性の着こなしに注目してはいなかった

奇をてらった着こなしがすなわちオシャレだとは私は微塵も思わない

あの男性は、奇をてらいすぎたのだろうか
それとも、単にネクタイの締め方を知らないのだろうか

(04:30)

2017年04月15日

7763058私は、滅多に風邪をひかない

〇〇は風邪をひかないとはよく言ったものだ

インフルエンザに至っては、感染したのはいつだったか、記憶に残ってもいない
風邪をひかないとは言っても、鼻水が垂れてきたり、熱っぽいと感じることはたまにある

そんな時も病院に行って薬をもらって飲むことはせず、暑い風呂に一時間近く浸かって、サウナ状態をつくり滝のような汗をかいて寝る

野蛮だが、こうやって風邪は撃退してきた

先週末くらいから、風邪かどうかわからないが、やたらと咳がでるようになった
熱はない 
突発的に咳が出て、止まらない時は本当に止まらない

私の風邪の症状は(滅多に感染しないが)、鼻水に始まって、咳で終わるのがパターン

いきなり咳だけで始まるのは珍しい

先日は、寝入りばなに記憶がなくなり睡眠に移行しようとするときに、胸の辺りから「クゥ~」という大きな音が聞こえてきて、それが気になって眠れないという症状に陥った

睡眠時間の確保だけが、生きがいだと言ってもいい私
ついに数年ぶりに病院へ行って、薬をもらうことを決心した(大げさ

病院の受付で、症状を話したところ、病室にはそんな症状の患者さんばかりだそうだ
流行の先端を行く私(阿呆







(04:30)

2017年04月14日

ILM14_AC01006私は、通勤時に一駅だけ会社とは反対方向行の電車に乗り、始発駅から座って、電車に乗っている

一駅だけ逆流しているわけだが、ちゃんと定期券は購入している
本当である

先日も逆流して始発電車に乗って、爆睡して出社するつもりでいたのだが、ある理由で座ることができなかった

なぜかという理由は書かない
もったいぶって、どうせトイレに行きたくなったクセにと思う向きも多々あろう
半分程度は当たっているのだが

私はいつも進行方向最後尾の電車の真ん中のドアから乗車して、必ず座っているのだが、先日は進行方向最前列の車両先頭ドアから乗車する羽目になった

いつも座っているので気が付かなかったが、かなり混雑している
実は、始発駅の隣駅(いつも私が乗車する駅)まで行って、トイレに行こうかと思い先頭車両を選択したのだが、これが大間違い
隣駅で開くドアまでは数メートルしかないのだが、びっしりと混雑していてドアまで近づくことすらできない

しばらくは、進行方向左側のドアが開く駅に停車する
私は進行方向右側のドア付近に立っている

何となく、腹の具合も持ち直しているし、立ったまま会社最寄り駅までたどり着けるかもなんて思っていた
途中駅で結構な数の人が下車するのだが、同じくらいの数の人が乗車してくる
相変わらず車内は混雑している

と、よせばいいのに、混雑に乗じて私の腹部を押してくる輩がいる
狙って腹部を押している訳ではなかろう 
ぎゅうぎゅう詰めの車内混雑のなせる技か

朝に限ったことではないが、私という人間の腹部を物理的に圧迫することは止めてもらいたい

ちょっとした刺激で、大惨事を想像しとてつもない不安になってくる

案の定、せっかく持ち直した(と思った)腹の具合が悪くなってくるように思えた
次の駅で降りよう 進行方向に向かい右ドアが開くはず

こう思ったのだが、次の駅は乗り換え駅でもあり、かなり乗降客の多い駅
しかも、駅の構造が複雑で、降りたホームにはトイレがない
階段で、地下に下りる必要があるのだ

が、その次の駅は左ドアが開く
下車は困難かもしれない


というわけで、混雑する乗換駅で降りて、階段を下って、一つ下の階まで行ってからトイレに駆け込んだ

事なきを得たのだが、今度からは先頭車両に乗車するのは、絶対にやめよう
でお願い
私という人間(どんな人間?)の腹部を車内混雑という理由で刺激してはイケナイ ゼッタイ



(04:30)