日本の映画

2020年06月17日

OIP〇 ♪あなたは すっかり 疲れてしまい~♪
×  ♪あなたは すっかり 憑かれてしまい~♪

「疲れて」と「憑かれて」かけた聞き違い
実際にこんな間違いをする人はいないだろうし、別の曲を題材に拙ブログで取り上げたこともある

この曲が主題歌ではなかったと思うが、私が思い浮かぶのは日本のあの映画
寡作で知られる監督の作品
荒唐無稽と取られる設定もあるが、それが何か?と開き直るような勢いに溢れている

主人公の高校の若い男性物理教師の本職は役者ではなく歌手
この曲を歌っている人
この映画を好きな邦画に選出する人も多い

私の邦画ベスト5には確実に入ってくると思う
って、ベスト5は何だろうか



(04:30)

2020年05月21日

imagesSZTCIVY6久しぶりに映画を観た

このご時世なんで、映画館ではなくケーブルテレビの録画
観たのは自宅で 一人で


これは邦画で白黒映画の時代劇
初めてこの映画を観たのは、もう今から20年程前になる
当時暮らしていた地域にある市民図書館で貸し出していたビデオ
を借りた

この作品についての予備知識は全くなく、単なるジャケ借り
江戸時代のことを描いた映画だ程度の知識(ビデオの解説文を読んだ)しかなかった
それ以来、今回でこの作品を観るのは四回目になる

主演のあの人の演技が圧巻なんだが、脇を固める人の演技もいい
カメラワークなどどうかな?と部分も色々とあるのだが、音楽も含めいい部分の方が多い
映画の後半部分では夥しい量の血が流れるんだが、それが白黒映画なのに赤い血に見えてくる

映画っていいですね
としみじみ思う





(04:30)

2019年11月16日

images久しぶりに映画を観た

と言っても、映画館で観たのではなく、テレビで
それも、私が生まれる少し前の日本映画 アゴが外れるほど怖い映画ではない
実はこの映画は、一度観たことがある その時もテレビで

構成について細かい所まで言えば、ツッコミ所は満載だろうが、主演の男優と、脇を固める女優、男優たちにウットリした
上映時間が90分というのも、当時では当たり前だったのかも知れないがいい
悪役ヅラの俳優は、こうじゃなくちゃというほど憎々しい

で主演の男優
太刀づかいに関してはもっと上手い人はいるのだろうが、佇まいと声がいい
脇を固める女優は、ひらすら美しかった

最近の映画は邦画洋画を問わずあまり観ていないが、佇まいと声で魅了してくれる俳優って誰かいるだろうか

ストレスってのは解消できるものではないと私は常々思っているが、イヤなことや気にかかっていることの存在を、数秒であっても忘れて違う気分(必ずしも楽しいものではない)にさせてくれるのはいい映画の条件だとも思っている


(04:30)

2019年11月14日

無題私も、恐怖映画の惹句を考えてみた

そう「アゴが外れるほど怖い」に対抗して
なぜ対抗する必要があるのかという本質的な質問は、この際無視させていただく

こんなのどうだろうか
ほっぺたが落ちるほど怖い

「恐怖」とかけ離れたイメージの表現をぶつけて、得体の知れない恐怖を醸し出してみました
え? 恐怖とあまりにもかけ離れているのでダメ?
ダメかぁ

この惹句が奇跡的に気に入ったという奇特な映画会社広報の方
連絡をお待ちしています



(04:30)

2019年10月05日

images4T5V1VYEテレビのワイドショーを観ていると、にわかには信じられないような事件が報道されている

具体的にどんな案件かは書かないが、そう遠くないうちに誰かが映画化したりするんだろうなと思う
仮にこの案件が映画化されたとして、私はその映画を観に行くかどうかわからない

が、映画化されるかどうかわからないこの時点で、勝手に映画の配役を考えたりする

あのフィクサー役は、どことなく強面のこの男優しかないだろう って、この男優もう亡くなったけど
この強面俳優と相対するのは、優柔不断な雰囲気を出しまくりのこの男優だろう この人まだ存命のはず

あとは脚色で、色恋沙汰を絡ませたりするんだろうが、それにはあまり興味がない 「あまり」である


(04:30)