日本の音楽

2017年02月21日

IUpnagYI_400x400椎名林檎「真夜中は純潔」の巻

この曲を聴くと、もう15年ほど前に暮らしていた土地のことを思い出す
季節は四月くらいなんだが、その土地は日本でも割と緯度の高いところにあったので、まだ肌寒くて鼻から空気を吸い込むと、空気の冷たさでむせったりした

この曲がリリースされたのもその頃だったと思う

その土地に引っ越す前に林檎姫のデビュー・アルバムを聴いて、陳腐な言葉となるが「ブッ飛んだ」記憶がある
当時はKate(iPod)が世に出ていなかったので、通勤時にはCDウォー〇マンで姫のCDをヘヴィ・ローテーションで聴いていた

やがてセカンドアルバムが世に出る
最初に聴いた印象は、「ちょっとプロデュースというかアレンジのし過ぎかな?」と思ったが、すぐにのめりこんだ
罪と罰」でギターを弾いているベンジーの爆音ギターが素敵だが、それに少しも負けていない林檎姫のヴォーカルも素敵

3rdアルバムが出る前に、たしかこのCDが出たと記憶している
で、この曲を聴くと思い出すのは昔住んでいた土地なんだが、思い出す人もいたりする

その人は女性で、家族とは別の人だったりするから、このことはあまり他人には話していなかったりする
そんなことブログに書いていいのか?と思う向きもあろうが、それほど(まったく)影響力の大きなブログではないので安心であるん?


(04:30)

2017年02月20日

sumire_1施明「これが青春だ」の巻

昨日は、自宅から一時間ちょっとの所にあるが、これまで行ったことのない町に出かけた
相変わらず歩数計をつけて一日を過ごしたのだが、夕方の時点で歩数は二万歩を超えていた
よく歩いた(徘徊ではないつもり

私は、行ったことのない町に限ったことではないが、身なりの貧しそうなというか、商売っ気の感じられないような飲食店を見つけると、好んでそういう店に突入するクセがある
だいたい一人で

期待などしているわけではないので、大体食後の感想は「こんなもんかぁ」というものが多い
ごくたまに、「おぉっ 大当たりだっ」と思う時もある

昨日、たまたま見つけた店も決して身なりは豊かそうではなかった
ラーメン店だったのだが、今時ラーメンが一杯で500円ちょっとというのは珍しいのではないか
私はラーメンに餃子とビールも注文した

ビールは小瓶である 小瓶なんて本当に久しぶりに見た
餃子のタレは、味噌だれである 変わり種か 値段も500円以下

その店で流れていたBGMは、どこかの放送局(ラジオ)で流れているとしか思えないようなとてつもなく古い曲ばっか

誰がリクエストしたのか、はたまたDJの趣味なのか、流れてきたのは布施明「これが青春だ」
布施博ではない 念のため

この次に流れてきた曲も途方もなく古い曲だったが、タイトルは失念してしまった
で、次の曲は何かな? と耳を澄ましていたが、時間柄テレビの「競馬中継」に切り替わっていた

店の客は私の他に男性の老人が一人
競馬中継を熱心に眺めていた

肝心の料理の味のことを書いておこう
ラーメンも、変わり種か?と思った餃子も、まったく私の舌の記憶には残らない
仮に、この町を再度訪問することがあっても、この店を選んで訪問することはないだろう

がっかりしたのか?
日ごろから何事にも期待しないで生きているので、がっかりとか失望なんかしないのだ 私は



(04:30)

2017年02月07日

17585893毎日平日は、会社の昼休みに食後、徘徊いや散歩をしている

会社の近くの公園を通るのだが、日ごろ梅の花の蕾が大きくなっている
暦の上では

梅の花を見ると、思い出す歌がある
福岡県人らしく「東風吹かば 匂いおこせよ~」という和歌だろうか

残念ながら、私はそれほど風流ではない

泉谷しげる「おー脳!!」
どんな内容の歌か ネットで歌詞を検索してもらいたい
ある若者(男性)が、放蕩の果てに梅毒に感染し、脳の中に梅の花(梅毒)が咲く というどうしようもない歌

ネットで調べたが、梅毒の菌が脳まで達したとしたら、その人は「廃人」になるという
気をつけよう(何に?

合掌



(04:30)

2017年02月01日

img_0イルカ 「海岸通」の巻

久しぶりの音楽ネタ

昨日は、会社で午後休みをとって、ある場所で開催されている展示会に出かけた
当然、社外で一人で昼食をとった
休みをとっての昼食時には、私は必ずビールも注文することにしている
何か、他人が昼休み後には職場に戻るであろう昼食時にビールを平然と飲むという行為に、優越感を感じる

何てスケールが小さいのだ
私という人間は

注文したのは定食と瓶ビール(中瓶)だったが、さほど値段が違わなかった
飲食店は、飲料代で儲けるのだと聞いたことがある

まあいい

それから出かけた展示会
結論から言うと、驚く程クオリティが低かった
なのに、あの入場料とは

私の故郷修羅の国F岡県で、同じイベントを開催する勇気は私のようなチキンには皆無である
高い確率で、苦情が発生し、場合によっては暴動に発展するに違いない
で、イベントのクオリティに文句をつけているクセに、お土産コーナーでは4,000英世近く散財してしまった私

自宅に戻る前に途中下車して、痛飲してしまった(他人のセイにしている

あ、音楽ネタ

私が昼食をとった店で流れていた曲
イルカ 「海岸通」

私は日本のフォークソングは好きだが、「イルカ」のアルバムもシングル(古っ)も一枚も持っていない
でもこの「海岸通」は彼女の曲の中で一番好き
作詞作曲は彼女によるものではない

曲は、別れた彼氏が選んだ、別れの交通手段は、航空機でも列車でもクルマでも徒歩でもなく、船便だったというもの
あっと言う間に別れの瞬間が過ぎてしまうことがないのは、彼の思いやりだったのかもという、まぁ男性目線のラブソングではある

私は福岡で生まれて、次に引っ越した場所が「神戸
幼稚園時代しか神戸にはいなかったので、記憶が明瞭な部分とそうでない部分がある

今どき、交通手段に「船便」を選択する人は多いのだろうか
船の行き先が「神戸」であるとは全く限らないのだが、この曲を聴くと「神戸」を勝手に思い浮かべる

少し前に拙ブログにも書いたが、偶然捉えた遠隔地からのラジオ電波は、この神戸の放送局のことだ

何が主題なのかわからなくなった 以上だよっ


(04:30)

2016年12月16日

kkKGrHqV,koEE63WY-o7sBO79ki1IDQ~~60_12越 美晴「ラブ・ステップ」の巻

昨日通勤中にKate(iPod)から流れてきた曲
この曲は、日本人の女性歌手の歌ばかり集めたコンピアルバムに入っている

このアルバムは、実は彼女の曲が聞きたくて購入したわけではない
ただ「ラブ・ステップ」は確かに昔聴いた記憶があった

♪そうよ そうよ 恋なんて 回る回る 回転木馬♪

妄想が始まった
回転木馬
カルーセル

ここから話は大きく逸れる いつもの如く って前にも書いたような気もする

もう15年以上前のこと
ある日の午前中重要なミッションを帯びた出張を終えた私と後輩(ミシェル)は、午後休暇をとって、ある演芸会に出かけた

出演者はケーシー高峰御大と、カルーセル姐さん

前半は、ケーシー御大がインチキ感満載の白衣とお馴染みホワイトボードを用いた漫談
ちなみにほぼ全編放送禁止用語の嵐

本当に「過呼吸」になるかと思うほど泣きながら笑った

第二部はカルーセル姐さんの独演会
オチでは必ずドスの効いた声を出すというお馴染みの展開だが、姐さんはなんと客席へ降りてきた

何か、ステージの上に上げてイジるお客さんを探しているようだ
若い男性を物色している

マズい
客層は果てしなく高年齢化が進んでいる
私は当時30歳代でミシェルも30歳位だった 周囲に若い客はいない

私は目を伏せてこう言った「ミシェル 絶対に姐さんと目を合わせるなよ 俺なんだか汗が止まらないよぉ

姐さんは我々のすぐそばを通ったが、結局打ち合わせをしていたのであろう、やたら滑舌のいい若い男性をステージに上げた

ケーシー御大は数年前テレビでご尊顔を拝したことがある

映画監督で、フランスから勲章をもらったあの芸人が、自分が好きな芸人さんを集めて、一時間好きなことをやらせて楽しむという番組
何組くらい出演していたのか

その番組のトリがケーシー御大だった

画期的だったことがある

お笑い番組にも関わらず、ケーシー御大のネタ(白衣にホワイトボード)だが何と、全編映像のみ
音声はカット
放送できないらしい

だが、映画監督(音声は聞こえている)は、番組で一番の大笑いを見せていた


(04:30)