昔の話

2018年05月19日

ダウンロード私が大学生だった頃の英語の先生の話

英語の授業は、あらかじめ配布された英文のプリントを、先生に指名された人が翻訳するというスタイルだった
誰が翻訳を指名されるかわからないので、みんな予習が必要というわけ

英語の先生は一風変わった日本人の初老の男性だった
いつもジャケットに蝶ネクタイ
英語はどういうわけか、イギリス訛り
たまに学生食堂で先生を見かけたが、ナイフとフォークで定食を食べていた

いつかの授業で、教会の名前だったと思うが「St.Paul」という単語が出てきた
翻訳する学生(私ではない)が英文を読み、その単語をセントポールと読んだ

すると先生は突然大きな声を上げた
「セントポールじゃない スントポールだ」
イギリス訛りとははるかに離れた、我々のつたない発音に先生は業を煮やしていたんだろう





(04:30)

2018年05月16日

images高校一年の時

私のいたクラスは、共学高の男子クラスと言う、とても烏賊臭い環境だった
実は、男子クラス生活は二年生の時も続くのだが

一年生の頃、隣のクラスは共学クラスだった
でも、隣の共学クラスの女子生徒は、私のいた男子クラスの生徒のことを警戒して、滅多に姿を見せなかった
正しい選択だったと思う

男子クラスには、性格が二重らせん並みに歪んだ、ヒューマンダストつまり人間の屑ばかりいた

で、隣の共学クラスの担任の話
女性の先生で、女子バレー部の顧問をしていた
猛者ばかりの女子バレー部員を束ねていた顧問の先生も、なかなかの猛者だった

若い先生だったが、ガラガラ声でいつも大声を出していた
で、この先生いつもではないのだが、たまに短い丈のジャージというか、短パンのようなものを履いていることがあった
細身が必ずしもスタイルがいいとは私は思わないが、この先生細身で、短パンから伸びた足の太ももの間が握りこぶし大に空いていて、向こう側が見えるほどだった

烏賊臭いわが男子クラスの生徒は、若い短パン姿の女性教師の太ももを見て何と言ったか
先生のあだ名は「すきま風

先生の名字も思い出せない 「すきま風」ならピンと来るが
先生は割と整った顔をしていたが、短パン姿に色気は感じなかった
だってすきま風だから

(04:30)

2018年05月13日

ダウンロード先日、数年前職場で一緒だった友人と久しぶりに会った

職場が一緒だった頃は、他にやることがないのかと突っ込まれそうなほどよく飲んでいた
仕事終わりに町に繰り出したり、職場の自席で飲んだり

久しぶりに会った友人とは自然の流れで飲みに行ったのだが、一緒に飲みに行くのは8年ぶりくらいだそうだ
もっと頻繁に飲みに行っていた気がしたのだが

久しぶりに会って飲んで感じたことがある
飲みには四人で出かけたのだが、友人は飲みの席で仕事の話を一切しなかった
そう言えば、昔イヤというほど飲みに行っていた頃から友人は「僕は飲み会の席で仕事の話は嫌いだからしません」と言っていた
私も飲み会で仕事の話をするのは嫌い

飲みに行った四人の中で、私と友人はIQゼロの話に終始
残りの二人は、何やらまじめに仕事の話をしていた

私は普段も飲みには行くのだが、基本単独行
単に友達がいないからという理由もあるが、一人のペースで、誰とも喋らずにカウンターで飲んでいる
誰とも喋らないのだから、仕事の話もしない
久々に複数名で飲みに出かけた 
友人の変わらない姿に懐かしさを覚えた次第

(04:30)

2018年05月12日

ダウンロード私が大学時代に所属していたサークルでの話

端的に言うと陸上ホッケー部
試合が始まる前は総決起集会 試合に勝てば祝勝会 試合に負ければ反省会 シーズンが終われば納会
何かにつけ理由を見つけては飲んでいた
安い居酒屋で

ウチの部で伝統的に披露されていたという訳ではないが、酒それもビールの飲み方には二種類あると教えられた

うずしお
ビール瓶を口に咥えながら、一気しつつビール瓶を円を描くように回す(飲み口を軸にして

オクラホマミキサー
うずしおをしながら、飲み手がその場でクルクル回る

私は「オクラホマミキサー」をやった経験がある
ただでさえ、脱水気味な試合後にやるものではない
酔いがあっという間に回ってくる

我が部(実は私は主将経験者)が出入り禁止となった店はいくつあったっけ(遠い目



(04:30)

2018年05月11日

ダウンロード私は、中学生の頃はサッカー部に入っていた

ウチの中学のサッカー部は、区内では強かった(市内ではもっと強い中学がウヨウヨいた)
区内のある中学に遠征に行った時のこと
ちなみに試合には勝った
遠征に行った中学には負けたことがなかった

この中学のグラウンドは、正方形に限りなく近かった
サッカーの試合をしていても、縦だったか横だったかが、やけに短かった記憶がある

さて、試合が終わり、我々はグラウンドの一方にあるゴール裏に道を挟んであった階段で着替えていた
試合には勝ったので、軽口を叩きながら着替えていたと思うが、ウチのチームのキャプテンが一点を凝視しながらこう言った
「向こう側のゴールポスト脇に、こちら側に背中見せて座っとるヤツ見てみぃ 上半身が揺れとるやろ
あいつシンナー吸いよるぞ

チームの皆が遠くのゴールポスト付近を凝視したが、やはりそいつは、うなだれるようにしてビニール袋からシンナーを吸っているようだった

そいつが本当にシンナーを吸ってラリっていたのか ちなみに女性だった
わざわざ中学校のグラウンドまで来て、シンナーを吸っていたのか 中学生なんだろうか

私の知っている人は、やはりというかシンナーの吸いすぎでラリってしまい、自室の壁をよじ登ろうとしているところを家族が発見し、警察に通報されたという伝説がある

北Qでは、当時シンナーがポピュラーだったということが言いたい訳ではない
その中学校出身の人とたまたま知り合ったから思い出した次第

(04:30)