昔の話

2018年01月16日

ダウンロード先週に引き続き、唐突に思い出した方言

しかぶる

鹿とブルドッグのことではない
漏らす(小便や大便を)」という意味

「わ 〇〇 小便しかぶっとらぁ
本人の名誉のために名前はイニシャルでも明かさないが、高校二年の時の冬
青色のジャージを履いたまま、「トイレに行ってもいいですか?」のたった一言が鬼の体育教官に言えなかった級友が、「しかぶった」 
ちなみに小便
青色のジャージの股間部分が見る見るうちに紺色に染まっていった

小便でない方の「しかぶる」については、個人的に苦い思い出があるのだが、ここでは自主規制しておくことにする








(04:30)

2018年01月13日

ダウンロード突然に思い出した方言
なしか
私の故郷である北九州でよく使われるが、旧国名で言うと豊前のあたりでも使われるらしい
ちなみに、どういう意味か
 
どうして? 何で? とかいう意味で使う
どうしてかな~ というのを北九州では「なしかのぉ~」なんて言う

九州出身者と喋るとき以外は、方言が出ない(つもり)ワタシだが
「掃く」と言うのは「はわく」と言う
「片づける」ことを「なおす」と言う 
この方言は直らない 直す気もない

学生時代、寮の自室に遊びに来た千葉県出身の友人に、「そこにある椅子なおしておいて」と言ったところ、友人は不思議そうな顔をして椅子を調べていた
「直すけど どこが壊れてるの?
私は単に「その椅子 部屋の隅に寄せて(片づけて)おいて」と言ったつもりだったのだが

私が予備校に通っていた北九州時代
地元に「なしか」というバンドが存在した
たしか、ジャズっぽいことをやっていた気がする

めんたいロックと言って、博多地区ではロッカーズ 北九州地区ではルースターズが人気だった
そんな中で、ジャズっぽいノリの「なしか」は妙に記憶に残っている
レコードもCDも所有していないけど

(04:30)

2017年12月29日

images大学生の頃の話を思い出した

私のいた学部では、四年の時に研究室に所属するのだが、一部の研究室では隣の学部の生徒と同じとなった
一二年の頃も、授業ではたまに隣の学部の生徒と一緒になった
ちなみに隣の学部は、私のいた学部よりも入学時の偏差値は高かった

で、たまに授業で見かけた隣の学部の学生の話
一組の男女がいた
一組というのは、この二人は付き合っていたから
いつも授業は並んで座って受講していた

二人は揃ってメガネをかけていた
男性の方は、細身で神経質そうな感じ 頭が良さそう
女性の方は、長い黒髪で、こちらも頭の良さそうな感じ

別にこのカップルが羨ましかったわけではないが(少しは羨ましい)、偏差値の低いわが学部の学生は、この仲のよさそうな二人をいつも授業で見かけるので、いつの間にかあだ名をつけた

男性は「委員長
女性は「副委員長

何で女性の方が「副」なのか 性差別じゃないのかと思う向きもあろう
理由なんかない(あだ名は私がつけた)

このカップルは、確か一緒の研究室になったのではなかったか

大学を卒業してから30年近く経つ
お元気だろうか 委員長と副委員長

(11:35)

2017年12月21日

ダウンロード仲間内で、アナログレコードの話題でなぜか盛り上がっている
きっかけは何だったか

私は10数年前に今住んでいるところに引っ越してくる際に、所有していたLPレコードを100枚弱、近所にあった中古レコード店に売却した

レコード店の店員からは、「本当に後悔しませんか?」と何度も聞かれた
CDの方がアナログ盤よりも好きな訳ではない
ただ、アナログ盤は保管に場所を取るんだよね

唯一手元に残っているLPがある
早川義夫の「かっこいいことは なんてかっこ悪いんだろう
中学のとき、小倉にあった中古レコード店で偶然見つけた
気味の悪いジャケットのイラスト
一曲を除いて、とてもヒットを狙えるとは思えない楽曲
情けない歌詞

でも、この一枚だけは手放すことができなかったのだ なぜか

(05:58)

2017年12月19日

ダウンロードずいぶん前のこと 10年よりもっと前のこと
当時住んでいたところからクルマで1時間ほどの海沿いに、クロソイの釣り堀があった

釣り堀といっても金魚やフナを釣るのではなく、クロソイ
釣ったクロソイは釣り堀の隣にある食堂で、頼めば調理してもらえる

家族で私はクロソイ釣りに出かけた
さぁ釣るぞと、レンタルの釣りざおを片手に、生簀に差し掛かったとき
水面に私の影が映った瞬間に、水面がざわつき、クロソイが暴れだした
よっぽど飢餓状態に置かれているのだろう エサの時間と勘違いして騒いでいるようだ

エサをつけて釣りに掛ったところ、ほぼ入れ食い状態
結局、開始五分足らずで、クロソイが五匹も釣れた

調理してはもらえるが、それなりに金は必要
釣り堀の入場料を合わせると結構な出費だ

ケチな私は、釣りを十分足らずで終了して、クロソイ料理を食べた
おいしかったが、もう少し釣りの醍醐味のようなものを味わってみたくもあった





(04:30)