昔の話

2020年07月21日

images私の故郷の方言なんだろうか

そう言えばこんな言い方してたなと思い出す言葉がある
男性(女性の場合もある)で、短髪にしている人の、首筋付近の生え際で、髪の毛が生え際の中央部付近でちょこっとだけ長目になっている人のことを、「レモン」と呼んでいた
由来は丁度レモンのヘタの部分の形状と似ているからか

自分の意思でレモンにしている人はいないだろう
大体、あまり誉め言葉的には使われなかった
あ~ レモンやぁ~ 貴様ぁ~」なんて言っていた
高校三年の時隣の隣のクラスだったH君なんかが典型的なレモンだった

レモンだからどうだということは、全くない
H君なんてレモンで少しだけ変態だったが、成績優秀だった



(04:30)

2020年07月20日

OIPこのネタ、随分昔に投稿した気がするがせっかく思いついたネタなんで何度でも書く

もう何十年も前に新婚旅行でカナダのある島に行って、オプショナルツアーである養鶏場に行って昼食にその養鶏場で飼育している七面鳥を食べた
ツアーに参加していたのは私と妻だけ

夫婦そろってカタコトの英語しか話せなかったのだが、養鶏場主と七面鳥の話になった
で、どういう展開だったかフライドチキンの話になった
「ニホンデハドコデフライドチキンヲカイマスカ?」
なんて聞かれたので、ファストフードのチェーン店の名前を告げた
「ニホンデハソノミセヲリャクシテヨビマスカ?」と農場主

「日本では略してケンタと呼びます」
と答えたら、農場主は大爆笑した
ケンタデスカ? K〇Cジャナインデスカ?

K〇Cのフライドチキンって、そもそも七面鳥の肉を使っているんだろうか
農場での昼食はフライドチキンではなく七面鳥のサンドウィッチだったが、素晴らしく美味しかった
味音痴な私が言うのだから間違いない





(04:30)

2020年07月17日

ダウンロード食べ物の話というか、飲み物の話

私が高校生の頃は、地域限定なのか自販機で「ア〇バサ」という清涼飲料が売られていた
味は微炭酸のカル〇スといった感じ
北九州限定なのかも知れないが、この味が好きだった

私の出身高校の正門を出て、20分くらいかけて最寄りの駅に歩くのだが(私は鉄道を使わない徒歩通学者)、正門を出てすぐの坂道を下ったところに自販機があって、よくそこでアン〇サを買っていた
私の友人(鉄道利用通学者)は、わざとこの商品名を「サバンナ」と呼んでいた
あのお笑いコンビが世に出る遥か前の事

私も「あぁ喉が渇いたのぅ サバンナでも飲もうかのぅ」と言って、自販機でサバンナを買っていた
今でも売られているんだろか サバンナ

ちなみにこの友人は豆乳のことを「にゅうとう」と呼び、高校最寄り駅の売店で「すいませ~ん にゅうとう下さ~い」と言って、売店の女性を戦慄とさせていた



(04:30)

2020年07月16日

OIP拙ブログの投稿ネタ枯れ救済企画として、「今日は何の日」シリーズというのが密かにある

ネットで検索すると「今日は何の日」というのがよく引っかかってくる
7月16日だったら私のよく使う語呂合わせで「なないろの日」つまり「七色の日」、こじつけで「レインボーマンの日」ということになる

が、ネットによると「レインボーマンの日」なんてものはなく、7月16日は「長瀞観光の日」であるようだ なるほど長瀞か
私が今から15年程前の職場にいた同僚のことを思い出す
M君
理屈っぽく、理数系に滅法強い男だった
三角関数の話なんかさせるとウットリしながらいつまでも喋り続ける
私には、人生これまでに三角関数というものがなく困ったという経験はない

このM君
理数系には強いが、国語と言うか社会と言うか、人名とか地名に極端に弱かった
端的に言うと読み方に弱い
大阪府枚方市は彼に読ませると「おおさかふまいかたし」になる

「長瀞」は、彼によれば「ながしず」だ
「ながとろと読むんだよ」と伝えると、M君は口を尖らせながら普通読まないでしょう そうは」と反論する
普通って何?

15年前と同じくギャンブルに無類の強さを発揮し、独身のままなんだろうかM君



(04:30)

2020年07月11日

OIP相変わらずのネタ枯れである

こんな時発動するのは
そうネタ枯れ救済企画
一年前の今日、私はどんなネタをブログに投稿していたのか

高い確率で、そんなことはどうでもいいことだ
去年の今日、私は申請していたマイナンバーカードを受け取りに役場に出かけている

取得した時点では、このカードをつかって給付金申請をするとは思わなかった
カード取得から一年足らずの時期だったんで、暗証番号とかパスワードとか忘れていなかった(メモが残っていた
マイナポイントとかいうキャンペーンが始まっているようだが、そのうちやってみよう



(04:30)