昔の話

2017年09月09日

IMG_5633-e1436747061709先日、会社帰りに私が一人で飲食していたときのこと
飲食は確かに飲食だが、一杯目のビールを飲んでいたとき
確か、間食は禁止だったはずだが...


私の座ったテーブルの隣のテーブルに、初老の男女二人連れが着席していた
二人とも比較的声が大きく、特に男性の声がよく聞こえた
男女は夫婦ではなさそうだった
女性の方が、男性を「先生」とか何か呼んでいた

「先生」は、自分の思い出話を比較的大きな声で女性に聞かせ、女性がそれに反応するといった構図だった
「先生」は、昔会社の同僚が持って来たブランド品のバッグが、どうみてもパチモン(偽モノ)にしか見えず、周囲の人が「それ、パチモンじゃないの?」と問い詰めた時の話をしていた
指摘を受けた同僚は、涼しい顔でこう言ったそうだ
「このバッグのブランド名は、類似ヴィトンです

それを聞いた女性の方は、大受けしていた
そんなに面白いだろうか

いつもならカバンからネタ帳を取り出し、「特ダネ特ダネ」とメモをするであろう私は完全にスルー
女性は、大して面白くない話を、先生に遠慮してドッカンドッカン受けたふりをしたのだろうか

パチモンなら、私にも思ひ出がある
面白いかどうかは別にして

中学のとき、スポーツブランドのロゴの入ったスポーツバッグを学校に持ってきて見せびらかしているヤツがいた
皆、羨ましそうにバッグを見ていたが、そのうちこんな声が上がった

「おい このブランドのマークには、耳と目がついとるぞ ニセモノやないんか これ?
お前(バッグの所有者)の名前は今日からピューマじゃぁ」
一同は大爆笑
バッグの所有者は涙を浮かべていた

この他にもパチモンにまつわる話はあるが、実際にはパチモンではないバッグをパチモンにさせられたという記述が、投稿削除の対象となりかねないので、自粛する
いやぁ あれは酷かった


(08:52)

2017年09月05日

mou_00007私の高校の同級生男子で、南九州にある大学に進学したヤツから聞いた話
ちなみに、一浪している

彼の行った学部の新入生が何人いたのか知らないが、新入生歓迎コンパの席
おっと、一浪とは言え未成年に酒を飲ませるとは何事かとお怒りの向きもあろう
いつものような逃げだが、私の書いていることはファンタジー(フィクション)かも知れないではないか

新入生は、とある大きな部屋に案内される
床一面にはビニールシートが貼ってあり、折り畳み机がいくつも並べてあり、新入生はその机の前に座ると
で、新入生の隣にはマンツーマン上級生が鎮座する

机の上にはまだ料理は並べられていないが、南九州らしく焼酎の一升瓶がそびえている
彼の行った大学のある県は芋焼酎が主流
が、どう考えても一人一升も飲み干す猛者はそういまい

友人がふと机の下に目をやると、新入生一人に一つずつプラスチックバケツが用意されていたらしい
宴会が始まり、どのような阿鼻叫喚の地獄絵図が展開されたのか知らないが、まぁ地獄絵図だったんだろう


(04:30)

2017年08月20日

kuishinbou先日、新婚旅行で行ったカナダでの食事のことを書いた

私は今までに行ったことのある海外の国は、それほど多くない 5つくらいか

どこの国の食事が一番おいしかったか
味音痴な私に言わせると、どこの国の食事もよかった

共通しているのは、機内食も含めて、食事を残したことはほとんどないこと
まぁ機内食が海外の食事に該当するのかどうかは、よく考える必要があるだろうが

驚いた記憶があるのは、ロスアンゼルスに住んでいた友人を訪ねて行った時に、初日の夕食で食べたステーキ
ステーキ本体の量もそうだったが、前菜として供されたマッシュルーム
ほとんど小さい丘だった

ステーキの食後に出て来たチョコレートケーキの甘さにも驚いた
眉間を激しく刺激してくるような甘さ

前菜、ステーキ、デザートを平気で平らげる人々

カナダで見た、ファストフードのポテト夥しい量のケチャップを投入して平らげる人々を見た時にも同じことを思った

こんな国の人々と昔戦争をして、勝つ見込みはあったんだろうかと

話は国民食に移るが、イギリスで食べた「フィッシュアンドチップス」はおいしかった
イギリスに行く前に、イギリス人の書いた小説を読んで「フィッシュアンドチップス」は一度食べてみたいと思っていた

日本人の書いた小説を読んだ海外の人が、日本に行ったら食べてみたいと思うような日本食はあるのだろうか?


(04:30)

2017年08月18日

9753655私の中学時代の同級生男子リョー(仮名)という奴がいる

リョーとは中学時代はサッカー部で一緒だった

リョーは不動のセンターバックだった

背の高い、口数の少ないヤツだった

私が予備校時代にも、サッカーをリョーと一緒にしたりしていた
中学のサッカー経験者で浪人生中心のチーム
一度、予備校時代に母校の高校サッカー部とそのチームが試合をしたりして、勝ったことがある

もちろん現役サッカー部の後輩諸君が手を抜いてくれたことは間違いない
ちなみに試合には1-0で勝ったのだが、決勝点を挙げたのはワタシ
右45度の角度から右足で放ったシュートは、左ネットに吸い込まれていった

キーパーに向かって右サイドを狙ったシュートだったことはこの際どうでもいい

ウチのチームにはリョーも助っ人に来てくれた

大学一年の冬地元北九州に帰省した時のこと

飲み会の席にリョーも来てくれた
驚いたのは、リョーの形相

当時流行していた「パンクロック」にヘンな影響を受けたんだろう
リョーは、長身で(相変わらず)、冬なのにTシャツを着ていた

髪は短髪で、ジェルで逆立てていた
注目すべきは、首の周りに巻いたチェーン
チェーンの先には、南京錠がしてある

「リョーどうしたん? まさかパンク? シ〇・ヴィシャスの真似かね?」
と尋ねてもリョーははにかんだように薄く笑うだけ

私と同い年のリョーは、半世紀少し生きているはず
今でも、髪の毛をおっ立てて首にはチェーンを巻いているのか
どっかのプロレスラーにそんな人がいたな

おっ立てるほど髪の毛は豊かなんだろうか

元気かなリョー(おっと仮名


(04:30)

2017年08月17日

0abbd3e6e61d6a1a17c056d075127791もう25年近く前の話

私が新婚旅行でカナダに行った時のこと
カナダはどこに行っても食事が美味しかった

とあるカナダの島に行った
この日は終日フリー行動で、私は何のツアーだったか憶えていないのだが、ガイドさんに連れられて野外を歩き回るツアーを選んだ
ツアー客は私たち夫婦だけだったと思う

天気は湿度のない晴れで、確か七面鳥入りのサンドイッチを食べて、感激した記憶がある
この新婚旅行のカナダツアーでは、私が機内食を含めて食事をほとんど残さず食べることが、ツアー客の中で有名になっていた

貧乏性な私は、出されたモノを残すのが嫌いなのだ

話はフリーのツアーに戻る
ツアーのガイドさんは、カナダ人だったか日本人だったか、男だったか女だったか憶えていないが日本語が堪能だった

日本語で、ガイドさんと与太話をしていて、フライドチキンの話に話題が及んだ
ガイド「日本にもケンタッキーフライドチキンはありますか?」
私「私の自宅の近くにはありませんが、日本人もよく利用しますよ」
ガイド「店の名前は何と呼んでいますか?」
私「ケンタですかね」
ガイド「ケ..ケンタぁ? ワッハッハ
私「おかしいですか? カナダでは何と呼びますか?
ガイド「KFCです」
私「笑われるほどヘンですか?(独り言)」

夕食は、宿泊したホテルの近くでこれまたフリー
大きく二手に分かれた
少し和食が恋しい組は、中華料理の店に
さほど洋食に飽きていない組は、イタリア料理の店へ

私たち夫婦はイタリア料理店へ行った
味音痴で知られる私だが、この時に食べたパスタは美味しかった

ホテル中華料理屋選択組に会った
味の感想を聞こうと思ったが、なんとなく浮かない顔をしている

中華料理屋の経営者はカナダ人
焼きそばを注文したところ、出て来た麺は、長さ2ミリほどで全てカットされており、箸からポロポロこぼれ落ちたそうだ
味付けも不思議な味だったようだ

よくある、西洋人が想像したままの中華料理店だったんだろう






(04:30)