非日常のこと

2017年11月04日

aru28昨夜見た夢

私は、サッカーをしていた

で、別のサッカーとは関係ない場面で、私が友人の誰にいつ約束をとりつけて、それが実現したかどうかを探るようにと私の知人の一人に命令を下している人を見た
まったく知らない人

ちなみに知人はたくさんいた
何だか、派閥抗争に巻き込まれつつあるような感じがした
ちっとも話が具体的でなく恐縮だが


(09:18)

2017年10月29日

1370678112514昨日投稿した、夢で見た内容のはなし

そう、どっかの教室で各人の机で焼肉を焼いて、食べたり飲んだりしているという夢
ちなみに、私の後ろの席では女性がズルズルとラーメンを食べていた

もちろん彼女のあだ名は「小池さん
ちと古くって、誰もついてこれないか

あの食事は「給食」だったんだろうか
夢の中で、私が席を外して数時間が経ってから教室に戻っても、焼肉は続いていた
小池さんはまだラーメンを食べていた

給食というのは、大体一時間くらいだろうだから、あれは給食ではなかったんだろう
それに、自席で飲んでいる人もいたし 寝ている人もいた

単なる飲み会だったのだろうか
教室風の店舗で、自席で焼肉を焼いて一人で飲み食いするというアイデアはヒットしないだろうか
間違いなく却下だな、こんなアイデア




(09:57)

2017年10月28日

title_image某党の党首のことではない

昨夜見た夢のはなし

舞台はどこかの学校の教室
当然、教室形式に机が並んでいるのだが、画期的なことに、みんな焼肉を食べながら酒を飲んでいる 自席で
個人の机ごとに焼肉を焼く機械がセットしてある
焼肉は大勢で一つのテーブルを囲んで楽しむのではないのか
教室には30人くらいの人がいたが、人数分焼肉の機械があった

教室にいたのは、知らない人ばかりだった
私の後ろの席に座っている女性も顔見知りではなかったが、彼女は一心不乱にラーメンをズルズル食べていた
焼肉ではなく

私はその姿を見ながら、前の席に座っていた男性(見知らぬ人)に向かって「おい 見ろよ 小池さん(彼女の苗字ではなく、オバQの登場人物:ラーメン好き)がラーメン食ってるぞ
「本当だ 小池さんラーメンが余程好きなんだな」

私は、所用を思い出し、教室を出た
意外に時間がかかり、数時間後に焼肉教室に再び入った

なんと、まだ焼肉は続いていた
なかには酔いつぶれて眠っている人もいる

私は自分の席に座ろうとしたら、私の後ろの席の女性(小池さん)はまだラーメンを食していた
ズルズルと

「おい まだ小池さんラーメン食ってるよ」と私が語りかけた前の席の男性は、もう眠っていた


(09:48)

2017年10月21日

D5昨夜見た夢のはなし

舞台は南九州の某県
私は、その県の県庁に行こうとしている

ちなみに、何の用事があったのかまったく見当がつかない
で、珍しく私は子供を連れていた 

子供の年齢は実際の年齢とは違って、三歳くらいか
凄まじい勢いで「もう歩けないよぉ」と駄々をこねる

県庁がどこにあるのか確認もせずに、多分こっちの方だろうという根拠のない確信をもって、子連れで私は歩き出した

随分歩いたところで、道路地図の掲示板があったので、現在位置を確認した
今いる所は県庁のある地点とは、離れている

今まで歩いて来た道は、県庁とは反対の方角だった
もう歩いて引き返すのは面倒だと思って、バスか電車は通っているのかと思い確認した
県庁は山の上にあるようで、電車が間近まで走っている
県庁前には駅があるようだ

と、ここで私は不思議に思った(ようやく
県庁ってのは、県民が訪れやすいように、町なかにあるもんじゃないのだろうか
電車を使って行く、それも山の中にある県庁って、日本全国を探しても、あるものだろうか



(08:57)

2017年10月16日

mail昨夜は、早い時間に寝たので、夜中に目が醒めた

寝室には時計がなく、枕元に目覚ましがわりに置いてある携帯電話の時刻表示は、老眼の私には字が小さくて読めない

結局、目が醒めたのが何時なのかわからなかったので、居間に置いてある時計を見に行った

まだ夜中十二時少し前

私は毎日五時には起きているので、あと五時間は眠れると思い、寝室に戻って目を閉じた
が眠れない
ヘンな夢ばかり見る

私が十二時に目を醒ましたが、あと五時間は眠れるということをメールで、関係者(誰?)に通知せねばと焦っていた
次に時計というか時刻を確認した二時過ぎまで、うとうととするばかりで、眠れなかった

結局起きた五時まで、深く眠ることはできなかった
体を休めていた時間は長いが、夜中覚醒があったので、週明けから、意識がぼんやりしている




(05:54)